TOPIC

2019.10.28

iPhoneケースのリングのメリットとデメリットを紹介!

iPhoneケースのリングのメリットとデメリットを紹介!

iPhoneケースのリングのメリットとデメリットを紹介!

「iPhoneケースにリングをつけようか迷っている。」
「リングのメリットとデメリットを知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
使っている人を見る機会はあるけれど、本当に必要か気になりますよね。
そこで今回は、iPhoneケースのリングのメリットとデメリットをご紹介します。

リングのメリット

スマホを落としにくい

リング部分に指を入れて持つと、普通にスマホを持つよりも安定して持ちやすいです。
そのため、スマホを落とす可能性も少なくなります。
特に、大きいスマホの場合、本体を持ちづらいという方もいらっしゃると思います。
その場合でも、リングがあれば大きさに関わらず持てるので安心です。

何度でも使える

粘着面は、特殊な素材でできているため、何度でも使えます。
もし汚れてしまっても、洗って乾かすだけで再度使えます。

スタンドになる

リングを立てて使うことで、スタンドとしても使えます。
例えば、何人かで集まってスマホで動画を見るときにも、スタンドを立てれば非常に便利です。

通話が楽

リングを付けることで、長い時間スマホを持っていても疲れにくくなります。
したがって、通話中もスマホを持つ手が疲れにくいです。
長い時間通話をする方には、かなりメリットになると言えるでしょう。

リングのデメリット

リング部分が引っかかる

リングは折り畳みが可能ですが、ケースのみを付けているときに比べて厚みが増します。
そのため、ポケットから取り出す場合に、引っかかる可能性があります。

レザーとは相性が悪い

iPhoneケースには、レザータイプのiPhoneケースも多くあります。
もし、レザータイプのケースにリングを付けると、レザーを傷めてしまう可能性があります。
また、シリコンカバーとも相性は良くなく、くっつきにくいです。
さらに、背面強化ガラスとも相性はあまり良くありません。
リングを使う場合は、ハードケースと一緒に使うことをおすすめします。

まとめ

以上、iPhoneケースのリングのメリットとデメリットをご紹介しました。
スマホを落としにくくなるため、傷つけずに長くスマホを使えるでしょう。
しかし、使える範囲が限られているので、自分が使えるか確認しておくことをおすすめします。
当社ではスマホやパソコンからオリジナルグッズのデザインが簡単に作成できるWEBサービスを提供しています。
様々なグッズにプリントできるアイテムを多数ご用意しているため、お気に入りの写真やイラスト・デザインでオリジナルグッズ販売をお考えの方にもおすすめです。
興味を持たれた方は、お気軽に当社までお問い合わせください。