TOPIC

2019.10.27

iPhoneケースの購入を検討中の方必見!バンパータイプの特徴を紹介!

iPhoneケースの購入を検討中の方必見!バンパータイプの特徴を紹介!

iPhoneケースの購入を検討中の方必見!バンパータイプの特徴を紹介!

「バンパーケースを買いたいが、デメリットがあるのか気になる。」
「iPhoneケースのバンパータイプについて詳しく知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
いろいろなiPhoneケースがある中で、バンパータイプとはどのようなものかご存知でしょうか。
そこで今回は、バンパータイプのiPhoneケースの特徴をご紹介します。

バンパータイプとは

バンパータイプのiPhoneケースとは、側面だけを覆っているケースです。
一般的に、ケースと言えばスマホ本体の裏面も覆っていますが、バンパータイプはそれらとは異なります。

バンパータイプのメリット

iPhoneの裏面が見える

iPhoneの裏面にはロゴが書いてあります。
中には、そのロゴが好きで隠したくないという方もいらっしゃるでしょう。
バンパータイプなら、側面しか覆わないため、裏面のロゴを隠しません。
したがって、ロゴを見せたい方にはおすすめです。

iPhoneの側面、裏面、表面を守れる

バンパータイプは側面しか覆わないため、表や裏は傷つきやすいと思われるかもしれません。
しかし、バンパータイプは、iPhoneのディスプレイやカメラよりもわずかに高く設計されています。
したがって、机に置いたときに、iPhone自体が机には接触しません。
そのため、表や裏も傷つきにくいと言えるでしょう。

熱がこもらない

アプリを長い時間使用し続けていると、端末が熱を持ちます。
ブック型やシリコンケースでは、裏面が覆われているため、熱がこもりやすいです。
一方、バンパータイプは裏面に何もないので、熱が逃げやすいです。

バンパータイプのデメリット

裏面に指紋が付きやすい

バンパータイプは、裏面が覆われていないため、直に手で触れます。
そのため、他のタイプに比べて指紋が付きやすいです。
しかし、保護フィルムを貼れば、直接iPhoneに指紋が付くことを防げます。

まとめ

以上、バンパータイプのiPhoneケースの特徴をご紹介しました。
一見傷つきやすそうに思いますが、実際には傷つきにくい設計です。
また、ケース自体が軽いため、持ち運びやすいという特徴もあります。
スッキリとした見た目が好きな方や、iPhoneの裏面のデザインが好きな方におすすめです。
当社では、スマホやパソコンからオリジナルグッズのデザインが簡単に作成できるWEBサービスを提供しています。
様々なグッズにプリントできるアイテムを多数ご用意しているため、お気に入りの写真やイラスト・デザインでオリジナルグッズ販売をお考えの方にもおすすめです。
興味を持たれた方は、お気軽に当社までお問い合わせください。