TOPIC

2019.10.01

全機種対応のスマホケースのメリット、デメリットについてご紹介!

全機種対応のスマホケースのメリット、デメリットについてご紹介!

全機種対応のスマホケースのメリット、デメリットについてご紹介!

「スマホケースを変えたいけど、どんなものにしようかな」
「全機種対応のスマホケースってどんなの?」

このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スマホケースには、全機種対応という種類のケースがあります。

好みのデザインに限って、自分のスマホのサイズに対応していない、という経験をお持ちの方もいらっしゃいますよね。
全機種対応のケースなら、そんなお悩みを解決してくれます。

そこで今回は、全機種対応のスマホケースのメリットとデメリットについてご紹介します!

全機種対応のスマホケースとは

スマホケースを購入する際、まず確認しなければならないのは、ケースのサイズです。
機種ごとに形のあったものを購入しないと、ズレてしまったり、カメラ部分がかくれてしまったり、さまざまな場面で不都合が起こります。

そこで開発されたのが、全機種対応のスマホケースです。
粘着シートで固定されるなど、どの機種でも対応できる形になっているため、デザインに妥協することなく好きなケースを選べます。

メリット

好みのデザインを選べる

やはりどの機種にも対応しているため、お好みのデザインを選べるという点です。
一見バリエーションが少ないと考えられるかもしれませんが、実際はさまざまな機能が付いたケースも幅広くあります。

使いやすい

手帳型の場合、カード類を収納できたり、鏡が付いていたりと、使い勝手のいいケースもあります。

デメリット

粘着力が落ちてくる

全機種対応のスマホケースの場合、粘着シートで固定しているものがほとんどです。
粘着シートである以上、どうしても使うにつれて粘着力が落ちてきてしまいます。

そのため、同じケースを長い間使いたいという方にはあまり向いていないかもしれません。

一手間かかる

カメラを使用する上で、ケースからスマホをスライドさせたり、皮や布製のケースの一部を折りたたんだりするなど、手間がかかってしまい面倒と感じる方もいらっしゃいます。

まとめ

今回は、全機種対応のスマホケースのメリット、デメリットについてご紹介しました。
長い間使うとなると少し不都合なこともあるかもしれませんが、好みのデザインを選べたり、幅広い機能があったりと多くのメリットがあります。

当社のスマホケースは、ICカード収納スマホケースや、防水タイプのケースなど、多種多様な商品をご用意しております。

全機種対応のケースももちろんございますので、ぜひ一度ご覧ください。