TOPIC

2020.8.20

お風呂でも水中撮影にも スマホ防水ケース

お風呂でも水中撮影にも スマホ防水ケース

スマホの耐水機能があれば防水グッズは必要ない?

近年、アンドロイド、iPhoneシリーズともにスマホの耐水機能は向上してきており、以前のようにスマホを水没させてしまったら即座に故障してしまうといったこともなくなり、
水辺やお風呂場でもそのままスマホをご使用されている方もおられますが、
すぐに故障してしまうようなことはなくても、長時間スマホが水気にさらされることは決して良いことではありません。

スマホの端子部分に水分は大敵

スマホをあえて長時間水中に浸けるような使い方は流石にやる方は少ないかと思いますが、
お風呂場などでそのままスマホを使用すると、蒸気などによってスマホの全面に水分が付着してしまいます。
そのためデリケートな部分であるスマホの充電口にも水分が残ってしまうことがあるため、
スマホ本体の機能自体は問題ないように見えても、水気を含んだまま充電をしてしまうと、
重大な故障の原因となってしまうこともありますので、やはり水気の多い場所では対策をしておいたほうが安全にスマホを使用することができます。

水気のある場所では防水スマホケースを使ってスマホを大切に使おう

オリジナル防水スマホケースは日本工業規格やIEC規格において規定されているIPX8の防水性能を有しています。
この等級は、ある程度継続して水没しても機器の内部は浸水せず、支障なく使用することができるということを示しています。
常温の水道で水深1.5mのの場所に携帯電話を沈めて、約30分間放置したとしても電子機器の安全は保たれますので、
水辺やお風呂場でも安心してスマホを使用することが出来るでしょう。

防水ケースに入れてもスマホの操作は可能

もちろんスマホケースを入れたままでもスマホの操作・撮影は可能です。
手が濡れていても背面はクリアで撮影もでき、しっかりと密閉されたケースからスマホを取り出さなくてよいので、
ご自宅のお風呂場でもプールやビーチ、野外キャンプなどレジャーでも、非常に使い勝手が良いケースだと言えます。

まとめ

今日は水気のある場所でのスマホの安全な利用に役立つ防水ケースについて解説いたしました。
近年のiPhoneシリーズは耐水性能も向上していますが、やはり故障を未然に防ぐためにはしっかりとした防水基準をクリアしている密閉可能な防水ケースが安心です。
ME-Qのオリジナル防水ケースを使用して、あなたの大切なスマホを安全に使用してくださいね。

ME-Qでした