TOPIC

2020.9.10

綺麗なマスクをキープしよう!マスクについた化粧の落とし方2選!

綺麗なマスクをキープしよう!マスクについた化粧の落とし方2選!

綺麗なマスクをキープしよう!マスクについた化粧の落とし方2選!

新型コロナウイルスの感染拡大によって、繰り返し洗えるマスクを使用する方が増えてきましたね。
デザイン性に富んでおり、エコなことも魅力的ですが、女性の方は化粧汚れが気になってしまう方が多いはずです。
今回の記事では、マスクについた化粧の落とし方を2種類ご紹介します。

塩素系漂白剤を使う方法

マスクにつく汚れとして最も広範囲につくものがファンデーションですよね。
ファンデーションの汚れに効果的なのが塩素系漂白剤です。
塩素系漂白剤はキッチン用と衣料用が売られていますが、マスクを洗うときには衣料用を選ぶようにしましょう。

塩素系漂白剤は強アルカリ性であるため、肌についてしまうと肌を傷つけてしまいます。
洗う際には、ゴム手袋を着用して肌を守るようにしてください。

まず、洗濯液をつくりましょう。
水1リットルに対して塩素系漂白剤15ミリリットルが目安です。
洗濯液ができたら、布マスクを浸しましょう。
浸す時間は10分ほどで十分です。

10分たったら両手で挟んで水気を切ります。
この時、洗濯液が周りに飛び散らないように気をつけて洗濯液を流してください。

次に、すすぎをします。
水をためたところに布マスクを入れて振りましょう。
2回ほど繰り返すと漂白剤がきれいに落とせますよ。

すすぎ終わったら脱水します。
脱水は、まず両手で挟んである程度の水気を切ります。
これだけでは乾かすのに時間がかかってしまいますので、タオルで挟んで余分な水気を吸い取りましょう。

クレンジングウォーターを使う方法

塩素系漂白剤だけでなく、クレンジングウォーターでもきれいに洗えます。

まずは、マスクについた汚れ部分にクレンジングウォーターをしみ込ませましょう。
しみ込ませ忘れた部分があると、その部分の汚れは落ちないので気を付けましょう。

その後は普段のお洗濯と同じ方法で洗えば、スッキリきれいに化粧汚れが落ちます。
この時に、手洗いをする方は揉み洗いをしてしまわないように気をつけましょう。
揉み洗いをするとマスクの繊維を傷つけてしまい、持ちが悪くなってしまいます。
上からマスクを押す「押し洗い」が効果的ですので、ぜひ試してみましょう。

クレンジングウォーターをお持ちの方は、今日すぐにでもできるので試してみてください。

まとめ

今回は、マスクについた化粧汚れの正しい落とし方をご紹介しました。
暑い季節は、特に汗による化粧崩れが原因でマスクに化粧汚れがつきやすいです。
きれいに洗って、夏のマスクも清潔にキープしましょう。

ウイルス対策関連のグッズをご案内

こちらの商品を無地でご購入したい方はこちら「ウイルス除菌ボックスを無地で購入


こちらの商品を無地でご購入したい方はこちら「ウイルス除菌ポータブルを無地で購入


W500×H400×D3mmを無地でご購入したい方はこちら「W500×H400×D3mmを無地で購入

W665×H500×D3mmを無地でご購入したい方はこちら「W665×H500×D3mmを無地で購入