TOPIC

2020.7.07

オリジナル手帳型スマホケースの作り方を解説します

オリジナル手帳型スマホケースの作り方を解説します

オリジナル手帳型スマホケースの作り方を解説します

スマホケースは市販で様々なものが売られていますが、「自分でアレンジして作ってみたい」「ハンドメイドに興味がある」という方はいらっしゃいませんか。
手帳型のスマホケースは両面を守れますし、オリジナルケースを作成するときはアレンジの幅が効きます。
今回はオリジナルの手帳型ケースの作り方をご紹介します。

アイデアは様々

アレンジのアイデアはたくさんあり、作りたいイメージに合わせて幅広く作成できます。
例えば、高級感のあるスマホケースにしたい場合、革をスマホケースの形に切り貼りして作成する、レザークラフトがおすすめです。
模様を描きたい方ははんだごてがあれば、自由に描けます。

かわいらしいスマホケースにしたい方もいるでしょう。
UVレジン液を使ったアレンジだと、レジンならではのぷっくり、つやつやした質感をスマホケースの上に乗せられます。
針金とUVレジン液で花びらを作り、スマホケースに張り付けると素敵ですし、実際にドライフラワーや押し花をUVレジン液で固定するのもまた素敵です。

簡単なオリジナルケース

特別な道具が必要なアイデアをこれまで紹介してきましたが、そこまで時間をかけたくない方や、手先の器用さに自信がない方もいるでしょう。
そこで、もっと簡単に自分だけのケースを作れる方法をご紹介します。

布だけで作成

手帳型は裏表と内側もアレンジできるので、厚紙に布を縫い付けるだけでも華やかに仕上がります。
お気に入りの布を選ぶだけなら簡単ですよね。
方法としては、スマホを厚紙に当てて型紙を作り、あとはミシンで布を縫い付ければ完成です。
よりアレンジを効かせたい方は、内側にカードやお札を入れられるポケットを付けるのが良いでしょう。

当社のオリジナルケース

当社ではさらに簡単にオリジナルの手帳型スマホケースを作成できます。
作成方法はシミュレーターを用いて写真、スタンプ、メッセージ、を挿入するだけで、非常に簡単に作成できます。
人気のスマホであればほぼ全機種対応可能です。
また、手帳型1つでも溝の有無やスタンド機能の有無を選べるため、自由度が高い自分だけのオーダーメイドのスマホケースが作成できるでしょう。

まとめ

オリジナルの手帳型スマホケースの作り方をご紹介しました。
手の込んだケースから、布だけやシミュレーターを用いたオーダーメイドまで幅広くご自分の裁量でアレンジできます。
ぜひ、既存のケースにとらわれず、唯一のケースを作ってみてはいかかでしょうか。