TOPIC

2020.3.06

スマホケースに入れたICカードが反応しない?原因と対策をご紹介します!

スマホケースに入れたICカードが反応しない?原因と対策をご紹介します!

スマホケースに入れたICカードが反応しない?原因と対策をご紹介します!

「スマホケースに入れたICカードが反応しなかった」などの経験は多くの人にあるのではないでしょうか。
このようなトラブルなくICカードを使用したいですよね。
そこで今回はスマホケースに入れたICカードが反応しない原因と対策について紹介します。

ICカードが反応しにくくなる原因とは

ICカードを取り出して読み取り機に反応させれば問題はない場合が多く、スマホケース・またはスマホ本体の磁気に原因があります。
非接触のICカードは、改札機などのカードリーダーから発せられる電磁界を受け取ることで機能しています。
留め金を使用しているスマホケースや、スピーカー、マイクなどが搭載されているスマホ本体から微弱の磁気が発生しているので、ICカードの読み取りを妨害してしまうことがあります。

ICカードの磁気対策

スマホケースにICカードを入れない、使用時に取り出すことが最も有効な対策ですが、利便性に欠けますよね。
ここからはおすすめの磁気対策方法を紹介します。

磁気対策アイテムを使用する

主なアイテムとして磁気シールドカードとスキミング防止カードケースがあります。
磁気シールドカードは3枚セットで1000円程の価格で販売されているので簡単に購入できるでしょう。
1枚ずつ装着できるので、初めて購入した人でもすぐに使い方に慣れる点もメリットです。
価格は安く、長持ちするのでコスパの良いアイテムと言えるでしょう。

スキミング防止カードケースは名前の通り、磁気対策に加えてスキミングも防止できるアイテムです。
クレジットカード犯罪ではスキミングはよく行われる手口なので、カードでよくショッピングする人におすすめです。

ICカード収納スマホケースを使用する

弊社が取り扱っているICカード収納スマホケースは独自開発した世界最薄レベルの電波干渉防止シートを添付してあり、自動改札機での読み込みエラーをしっかりと防げます。
スマホケース自体も外装にポリカーボネート、内部にTPU素材を採用しているので、強さと柔らかさを備えており、同タイプのカバーケースでは世界最薄レベルを誇っています。
液晶画面以外の全てを剛柔2つの素材で100%包み込み、落下などのアクシデントからデバイスを頑丈に守ります。
興味のある方はぜひ弊社サイトから詳細をご覧になってください。

まとめ

今回はスマホケースに入れたICカードが反応しない原因と対策について紹介しました。
反応しない原因は磁気であることが多いので今回紹介した対策アイテムやスマホケースなどでしっかりと対策を取りましょう。