TOPIC

2020.3.07

モバイルバッテリーは正しく処分しましょう!捨て方を紹介します!

モバイルバッテリーは正しく処分しましょう!捨て方を紹介します!

モバイルバッテリーは正しく処分しましょう!捨て方を紹介します!

モバイルバッテリーが寿命を迎えて、いざ捨てようと思ったけど捨て方が分からない。
そんなお悩み抱えていませんか?
本ページでは、意外と見落としがちなモバイルバッテリーの正しい処分の仕方をご紹介します。

種類ごとに処分方法が違う?種類ごとの処分方法をご紹介

モバイルバッテリーの処分といっても、種類によって処分の仕方が異なります。
処分方法を間違えると大きな事故を引き起こす原因にもなりますのでしっかりと確認しましょう。
ここからは種類別の処分方法を紹介していくので、ぜひご自身のモバイルバッテリーの種類を確認してからご覧になってください。

まずは乾電池式モバイルバッテリーの処分方法です。
乾電池は容器から外し、電極部分にセロハンテープなどを使用して絶縁させましょう。
この一工夫が非常に大切で、電極がほかの金属に当たると発火して大事故を引き起こす可能性があります。
なお、外部容器はなにもせず、そのまま捨ててもらって大丈夫です。

続いて充電式モバイルバッテリーの処分方法です。
充電式モバイルバッテリーは搭載されている電池によって処分方法が異なるので、まずは搭載されている電池の種類を確認する必要があります。
また、その際に電池の状態もしっかりと確認しましょう。
状態を確認する理由としては、長い期間使われた電池は膨張している場合があり、膨張している状態だと爆発の危険性があるからです。
また、変色している、異臭がするなどの場合も要注意です。

これらのように、正しい処分をしないと大惨事になる可能性があるので、最後まで責任を持って処分しましょう。

モバイルバッテリーはリサイクルが基本!リサイクルの詳細をご紹介します

少し手間に感じられるかもしれませんが、モバイルバッテリーの処分はリサイクルが基本です。
ここからはリサイクルできる場所を中心にご紹介していきます。

実はモバイルバッテリーは皆さんの身近な場所でできることをご存じですか?
本ページでは「家電量販店の回収ボックス」と「携帯ショップ」でのリサイクルをご紹介します。
家電量販店に関してはボックスに処分したいモバイルバッテリーを入れるだけなのでとても簡単です。
また、携帯ショップでは直接手渡しでリサイクルをお願いしましょう。
いずれも簡単にリサイクルができるので、お住まいの近くにあるほうを利用してもらったら良いのではないでしょうか。

まとめ

モバイルバッテリーの処分の仕方は理解いただけましたか?
何度も繰り返し記載していますが、正しい処分をしないと自己の原因にもなりますので、正しい方法で処分しましょう。