TOPIC

2019.11.24

iPhone11発売!イヤホンジャックが無い場合の音楽を聞く方法とは

iPhone11発売!イヤホンジャックが無い場合の音楽を聞く方法とは

iPhone11発売!イヤホンジャックが無い場合の音楽を聞く方法とは

「iPhone11を買ったけど、イヤホンジャックがないから有線イヤホンが使えなくなってしまった」
「イヤホンジャックが無いタイプの音楽の聴き方を知りたい」

このようにお悩みの方は多いでしょう。
そこで今回は、イヤホンジャック廃止のメリット・デメリットとイヤホンジャックが無いタイプの音楽の聴き方をご紹介します。
iPhone11でも使える純正ではないイヤホンについても併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

イヤホンジャック廃止のメリットとデメリットとは?

イヤホンジャックは非常に重要な役割がありましたが、それを廃止したのは大きなメリットがあるからです。
ここでは、そのメリットをご紹介します。

1つ目は、防水機能の獲得です。
イヤホンジャックをなくした最も大きな理由は防水機能の獲得です。
iPhone6sまでは防水の機能がありませんでした。

そのため、雨が降ったときや汗をかいたときに使用するときは注意が必要でした。
イヤホンジャックは本体の内部に直接接続する部分なので、イヤホンジャックに水が入ると壊れます。
そこで、Appleは防水性能を搭載するためにイヤホンジャックを廃止したのです。

2つ目は、小型軽量化です。
イヤホンジャックを廃止することで、イヤホンジャックのスペースを確保する必要がなく、本体を薄型化することに成功しました。

3つ目は、バッテリー性能の向上です。
本来のイヤホンジャックのスペースを利用してバッテリーを大きくしました。
バッテリーの性能は、バッテリー自体の大きさに比例するのでバッテリーにどれくらいのスペースを確保できるかが大切です。

4つ目は、カメラ性能の向上です。
iPhoneのカメラ性能は、レンズやセンサーの性能だけではなく、チップの性能も重要です。
画質が良くなっただけでなく、ポートレートモードの搭載や高度な手振れ補正などの機能をiPhoneに詰め込みました。
その結果、カメラの性能が従来のシリー2ズに比べて格段に向上しました。

一方、デメリットは今まで使用していた有線イヤホンが使えなくなったことです。
有線のイヤホンを使うためには、Lightning端子に挿し込む変換アダプタを使用する必要があります。
変換アダプタを持ち歩く必要があるので、手間がかかりますね。

2つ目は、充電中にイヤホンを挿せないことです。
Lightning端子は1つしかないので、充電器を挿しているときは有線イヤホンを接続できません。
充電しながらオンラインゲームをしたり動画をみたりするときに不便ですね。


イヤホンジャックが無いタイプの音楽の聴き方(ワイヤレス)

次にイヤホンジャックがないタイプはどのようにして音楽を聞くのかをこの章でご紹介していきます。

ワイヤレスタイプを活用する

最近では、主流になりつつあるワイヤレスタイプのイヤホンを活用すれば、iPhone11シリーズでも音楽が聴けます。
ワイヤレスタイプは、Bluetoothという無線規格を使用したものです。
有線ではないため、通勤時にも、何かしながらでも、楽に音楽が楽しめます。

また、音楽を聴きながらでもiPhoneの充電ができる点も嬉しいですね。
しかし、ワイヤレスタイプは充電する必要があるため、面倒くさいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

Bluetoothレシーバーを活用する

あまり知られてはいないですが、Bluetoothレシーバーを活用した方法もあります。
Bluetoothレシーバーについては、イヤホンとiPhoneの中継してくれるものとイメージしてください。
レシーバーにイヤホンを挿し込んで、Bluetoothとつなぐと、お使いの有線イヤホンがワイヤレスで楽しめます。
しかし、ワイヤレスタイプと同様、充電が必要です。

音楽の聴き方(有線接続):変換アダプタを活用する

もともと使っていたイヤホンに変換アダプタを挿す方法もあります。
付属していたものでも、他社製の変換アダプタでも構いません。
今まで使っていたイヤホンが活用できる点がいいですね。
しかし、音楽を聴いている間は充電できないため、行動がある程度制限されます。

ライトニング対応のイヤホンを活用する

ライトニングイヤホンタイプを活用してもいいでしょう。
追加で買わなければなりませんが、アダプタを持ち運ぶ必要が無いので、比較的手軽です。イヤホンケーブルタイプもあるため、そちらを活用してもいいですね。

iPhone11でも使える純正ではないイヤホンはあるのか?

iPhone11をお使いいただいている方の中で純正以外のイヤホンを使用することはできるのかとお困りの方もいらっしゃるかもしれません。
そこでこの章では、iPhone11でも使える純正以外のイヤホンについてご紹介していきます。

1.Beats by Dr. Dreの有線イヤホン

Beatsのヘッドイヤホンは日本で人気です。
製品に描かれている「b」の文字が印象に残っている人は多いのではないでしょうか。

Beats Electronicsは、2014年にAppleに買収されています。
それ以来共同開発でApple製品と相性の良いオーディオ製品を販売しています。
今回紹介した商品以外にも、多くのラインナップがあるのでぜひ自分に合うものを探してみてください。

2.Bose(ボーズ)のイヤホン

Boseのイヤホンは音漏れの少なさが魅力として挙げられます。
一般的な耳栓タイプのカナル型や耳の穴に乗せるタイプのインナーイヤー型ではなく、独自構造のイヤーチップが採用されています。
また、優れたノイズキャンセリング機能を持つ製品も多いので、集中して作業に取り組みたい方におすすめのイヤホンです。

3.SONYのイヤホン

イヤホンを選ぶ上で重要視するポイントの1つとして「音質」があると思います。
その音質が非常に良いのがSONYのイヤホンの特徴です。
低音域がやや強めで、比較的フラットな傾向をもったモデルが多く、原音を忠実に再現してくれるようなイメージです。

また、Amazonでは便利なイヤホンアダプタが販売されています。
Jawweの変換アダプタは、イヤホン変換アダプタと急速充電ができるLightningコネクタが装備されています。
これを使うとイヤホンで音楽を聴きながら充電もできます。
ぜひ試してみてください。

まとめ

今回の記事では、イヤホンジャック廃止のメリット・デメリットとイヤホンジャックが無いタイプの音楽の聴き方、iPhone11でも使える純正ではないイヤホンについてもご紹介しました。
本記事が、イヤホンジャックがなくなり困っている方の参考になれば幸いです。

当社では、オリジナルのスマホケースを作成できます。
もちろんiPhone11シリーズもデザインできますよ。
自社で生産しているため、価格や品質も安心です。
1個から注文を承っておりますので、ぜひお気軽にご利用ください。