TOPIC

2019.5.29

【多彩なアイデア】スマホケースをオリジナルにデザインする方法をご紹介します

【多彩なアイデア】スマホケースをオリジナルにデザインする方法をご紹介します

スマホケースを簡単にアレンジする方法があることを知っていますか?
この記事では、百均でも販売されているプラケースに一手間加えてオリジナルにアレンジする簡単なアイデアをご紹介します。
スマホケースはお店でもたくさんの種類が販売されていますが、欲しいデザインが見つからないこともありますよね。
そんな時はスマホケースを自分でデザインして作ってみましょう。

英字新聞

英字新聞の一部を切り抜いて透明のプラケースとスマホの間に入れるだけでおしゃれなスマホケースになります。
日本人が普段あまり目にしない英字新聞はそのままでもおしゃれ要素があり、教養があるように見えるといったメリットもあります。
また、新聞の他にも好きなデザインの包装紙などを挟んで着せ替えを楽しむことも容易にできます。

ヴィンテージボタン

大粒のヴィンテージボタンをプラケースにつけるだけで立体感のあるシックでおしゃれなスマホケースになります。
ボタンの数や配置を変えるだけで様々なデザインを作ることができます。
スマホを持つ時に邪魔にならない位置につけることに注意する必要があります。
また、取れないように取り付けにはジェル状の強力接着剤を使うのがオススメです。

マスキングテープ

マスキングテープは簡単に切り貼りできるため、オススメのアイテムです。
一つの柄を綺麗に並べて貼ったり、数種類のマスキングテープを使って色合いを楽しんだりすることもできます。

プラケースに好きな布を貼り付けるだけでオリジナルのスマホケースができます。
布はいろいろな種類があるので季節にあった色の布を貼ったり、和柄の布を貼ったりして、鮮やかでありながら過剰な奇抜さのない、落ち着いた大人を演出できます。
また、自分の好きなキャラクターが入った布を貼り付けるのも良いでしょう。

マニキュア

女性の方なら、家に使わなくなって余っているマニキュアがあるのではないでしょうか。
そのマニキュアを使って、ストライプなどの幾何学模様を書いてみたり、複数のカラーをグラデーションのように塗ったりしてオリジナルにデザインしたスマホケースを作ることができます。

まとめ

スマホケースを簡単にアレンジする方法を理解していただけたでしょうか。
この記事で紹介したアイテムは、ほとんど百均で手に入るものなので低コストで様々なアレンジをすることができます。
興味のあるアイデアがあればぜひお試しください。
最後までお読みいただきありがとうございました!