TOPIC

2019.5.20

スマホケースをオーダーメイド!注文までの流れをご紹介します。

スマホケースをオーダーメイド!注文までの流れをご紹介します。

自分だけのスマホケースをオーダーメイドで作ってみませんか?
この記事ではスマホケースをオーダーメイドで注文する際の流れについて見ていきます。
オーダーメイドと聞くと工程が複雑そうなイメージがあり、手がつけにくいと思われる方も多いと思いますが、実は簡単にできてしまうのです!
では、注文する際の流れを4段階に分けて見ていきましょう。

アイテムを選ぶ

スマホケースだけでも、「ハードケース」「ソフトケース」「ウッドケース」「ネオサンドケース」「グリッターケース」「クッションバンパーケース」「ミラー付きケース」「強化ガラス仕上げスマホケース」など,15種類あります。
ちなみに、スマホケースだけでなく、「パスケース」「本革キーケース」「MacBookケース」などのアイテムも多数存在しています。

対応機種を選択する

種類によってはiPhone専用ケースもありますが、それ以外の種類はiPhone以外にも、「
Xperia」「Galaxy」「AQUOS」「HUAWEI」など、7機種以上に対応しています。

デザインする

*生地・色を変更する
スマホケース本体の生地や色を変更することができます。
例えば「グリッターケース」の場合は、「Ball Gold」「Sand White」「Star Silver」など,13種類から選ぶことができます。

メッセージを入れる

10文字以内のメッセージを入れることができます。
書体は16種類、文字の色は24種類から選ぶことができます。
また、縁取りをありにするか、なしにするか、縦書きか、横書きかを選ぶことができます。

スタンプを追加する

「アニマル」「フード」「フラワー」「シンボル」「迷彩」「着せ替えパーツ」など、計14種類のジャンルから選ぶことができます。

写真を追加

自分の撮った写真を追加することもできます。

購入する

早いもので納期が3営業日からとなっています。
価格は「ハードケース」だと890円~、「ネオンサンドケース 」だと1780円~など、種類によって異なります。
受注生産商品のため、お客様のご都合によるご注文のキャンセルや返品、交換は固くお断りさせていただいておりますのでご注意ください。

まとめ

スマホケースをオーダーメイドする際の流れを分かっていただけたでしょうか。
オーダーメイドの魅力は、市販のスマホケースとは違って自分でデザインでき、自由度がとても高いことです。
ぜひ一度お試しください。
また、当社の商品・アイテムについてや素材、印刷についてなど、分からないことがあればお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました!