TOPIC

2019.3.23

スマホケースのデザインのコツが知りたい!|オリジナルスマホケースを印刷で作成するならME-Q

スマホケースのデザインのコツが知りたい!|オリジナルスマホケースを印刷で作成するならME-Qの写真

スマホケースのデザインのコツが知りたい!|オリジナルスマホケースを印刷で作成するならME-Q

オリジナルデザインをスマホケースに印刷する際のコツ

「ME-Q」ではWeb上やアプリで、自分のオリジナルデザインのスマホケースを作成することが可能です。
その際にスマホケースに印刷するデザインをシミュレータでアップロードして頂く必要があります。
アップロードする際、アップロードされた画像がRGBカラー形式でなければ、上手く印刷されない可能性があります。
カラー形式には、RGBの他にCMYK形式というものがありますが、CMYK形式の画像データは印刷に適していません。
「ME-Q」では、シミュレータのシステムの都合上、RGBカラー形式の画像データをアップロードして頂くことを推奨しています。

様々な印刷方法

オリジナルのスマホケースを作成するなら、印刷の種類にもこだわりたいですよね。
以下に、スマホケースの印刷の種類をご紹介します。
スマホケースの印刷の種類には昇華転写印刷、マット印刷、蛍光印刷の3つ
があります。
それでは、以下に特徴をご紹介していきます。

昇華転写印刷

転写紙に特殊なインクでデザインを印刷し、転写紙とスマホケースに熱と圧力を加えます。
そして、インクが昇華することでスマホケースの表面に色が浸透し、デザインが印刷されます。
光沢のある仕上がりになり、色もはっきりと転写されますが、コストが高いです。

マット印刷

先ほど紹介した、昇華転写印刷と基本的な方法は変わりませんが、ケース自体にマットコーティングが施されており、高級感のある仕上がりになることが特徴です。

蛍光印刷

こちらも昇華転写印刷と印刷方法は変わりません。
こちらは、印刷の上からケースに蛍光加工を施します。
ブラックライトに反応して光る、目新しいデザインのケースを作成可能です。

まとめ

今回は、グリッターケースを印刷で作る方法と、それぞれの特徴についてご紹介しました。
「ME-Q」では、スマホケースやアクリルキーホルダーの他、モバイルバッテリーや手帳型スマホケースを1点からご注文していただけます。
「低価格・短納期・高品質」をモットーに、オーダーメイドでオリジナルグッズを作成します。
ご興味を持たれた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。