TOPIC

2021.9.24

本日販売開始!最新「iPhone 13」シリーズ 買い換えるなら、どのモデルを選ぶべき?

本日販売開始!最新「iPhone 13」シリーズ 買い換えるなら、どのモデルを選ぶべき?

「iPhone 13」徹底解説!どのモデルを選ぶ?

今月アップルが発表した最新モデル「iPhone 13」は、用意された4つのモデルすべてが正式予約できるようになりましたが、
少しでもお得な購入方法を探すのに腐心していたり、機種変更をすることは決めたけれども、どのモデルを選べば良いのかわからなかったり、
買い換える必要性の有無について思案していたりする方も多いでしょう。
そこで、今日の記事では注目の最新「iPhone 13」シリーズについて徹底解説していきます。

アップル社の最新スマートフォン「iPhone 13」シリーズでは、一般ユーザーでも映画のような動画を撮れるほどの高い次元へとカメラが進化しています。
ここから「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」それぞれの違いについて、詳しく解説します。

iPhoneユーザーは、そもそも買い換える必要ってある?

今年発表されたiPhone 13の全4機種は、それぞれ昨年リリースされた「iPhone 12」シリーズから少しだけ進化、変化しています。
具体的に触れると、バッテリーのもちが少しよくなったり、内蔵ストレージが以前より増えたりしています。
基本的にはマイナーチェンジですから、現時点ですでに「iPhone 12」、「iPhone 12 mini」、「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」を所持している方が最新機種へと買い換えるのは、あまり良い投資ではないと言えるかもしれません。
また、「iPhone 11」、「iPhone 11 Pro」を所持している方も、iPhone 12とiPhone 13のビジュアルに強く心引かれたり、お金に余裕があったり、
今後に備え今すぐ5G対応のiPhoneを手に入れておきたいなどと考えているのでなかったら、いま持っている機種で十分かもしれません。
もし、iPhone 11、iPhone 12ユーザーの方でバッテリーのもちが最近悪いので機種変更をしたいと考えているならば、まずバッテリー交換を考えた方が良いでしょう。バッテリーを交換したら新機種本体の価格に比べたらわずかな費用でiPhone端末の寿命を大きく延ばすことができるでしょう。
逆に言えば、これらの機種よりも古いiPhoneを使用しているならば、iPhone 13シリーズへの買い換えはぜひ検討してほしいところです。

iPhone 13 全4機種のどれを選ぶ?

iPhone 13は、昨年のiPhone 12と比べると注目すべき改良点がいくつかあります。
まず、iPhone 13からは全てのモデルに「A15 Bionic」チップが搭載され、パフォーマンスが向上しています。そして、バッテリーのもちもよくなっています。
その他には内蔵ストレージの増加、カメラのセンサー改良、本体のカラーが一新されるなどの改良点がありました。
そしてiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxはディスプレイのリフレッシュレートが120Hzとなる技術「ProMotion」搭載の、初めてのiPhoneとなります。
また、iPhone 12シリーズと同様に全機種が5G接続にも対応しています。

iPhone 13(日本では98,800円〜)

スタンダードモデルであるiPhone 13は多くの方が手に取るiPhoneです。ディスプレイは6.1インチ有機EL、本体背面にはデュアルカメラシステム搭載です。
メインセンサーにセンサーシフト式手ぶれ補正機能お備え、暗所でもくっきりとした写真撮影が可能、動画の手ぶれを軽減することもできます。
また、イメージセンサーが大きくなったおかげで夜中でも以前より明るい鮮明な写真を撮影できるようになった上、好評の「ポートレートモード」の動画版、
「シネマティックモード」も新たに使えるようになりました。

iPhone 13 mini(日本では86,800円〜)

手のひらサイズのコンパクトなiPhoneを探している方には、iPhone 13 miniの5.4インチの小さめのディスプレイがぴったりでしょう。しかし、
この小ささは性能の低さを意味しません。iPhone 13 miniにはスタンダードモデル、iPhone 13と同じ機能が揃っています。
また、新モデルではバッテリーのもちがやや改善しています。

iPhone 13 Pro(日本では12万2,800円〜)

あらゆる最機能を備えた新しいiPhoneが欲しい方が選ぶべきなのは、iPhone 13 Proで間違い無いでしょう。
iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは全く同じ機能ですから、実際のところはサイズの違いのみでどちらかを選べば良いでしょう。
ここまでに説明したすべての新しい機能に加え、背面に望遠カメラも搭載されています。
カメラは全て「ナイトモード」対応で、暗い場所でも明るい写真をかんたんに撮ることができます。
6.1インチ有機ELディスプレイはリフレッシュレートが120Hz、あらゆるものが滑らかに感じられるでしょう。
iPhone本体のカラーはゴールド、シエラブルー、グラファイト、シルバーの全四色が用意されています。

iPhone 13 Pro Max(日本では13万4,800円^)

6.7インチディスプレイと大容量のバッテリー(前機種よりも2時間半長もちする)を備えたiPhone 13 Pro Maxは、高価ですが最先端の機種となっています。
電子書籍を読むことから「Hulu」、「Netflix」の視聴、ゲームまで、すべてをスマートフォンに頼りたい方には最適な機種でしょう。
ひと回りコンパクトなiPhone 13 Pro同様に「ProRes」フォーマットで動画を撮影できますので、編集の自由度は高まり、望遠カメラもシネマティックモードに対応しています。さらに超広角カメラはマクロカメラとして使用可能なので、被写体を接写することもできます。

旧モデルを選ぶメリットは?

「iPhone 11」(日本では61,800円〜)、「iPhone 12 mini)(同69,800円〜)、「iPhone 12」(同86,800円〜)も販売中ですが、
最新の技術は不要で新しいiPhoneにかけるコストを節約したい方には、いまでも十分優れたスマートフォンである旧機種のiPhoneを選ぶことをおすすめします。

また、SIMフリー版のiPhoneを選ぶという選択肢もあります。
通信会社との契約に縛られるのが嫌な方も、SIMフリーモデルなら通信キャリアを変えてもOK、海外でもスムーズに利用できます。
また、対象となる製品のみですがiPhoneを下取りに出すことで最新iPhone 13の購入資金に充てることもできます。

まとめ

今日の記事では本日発売されたiPhone 13の魅力について解説しました。
弊社ではすでにホームページでiPhone 13シリーズ専用のオリジナルケースを販売中!
最新のiPhone 13を入手された方、これから購入される方はぜひ弊社のホームページまで遊びにきてくださいね!
今後もiPhone 13オリジナルケースは随時、様々な素材、機能を持つタイプを追加予定です。