TOPIC

2021.4.05

オリジナルグッズを販売するなら法律を知っておきましょう

オリジナルグッズを販売するなら法律を知っておきましょう

身近になったオリジナルグッズ制作

今やインターネットで検索すれば弊社メーク以外にもたくさんのオリジナルグッズ制作会社がヒットしますので、
そうしたサイトを利用することでどなたでもかんたんにオリジナルグッズを制作、販売することができるようになっています。
これから自分でもオリジナルグッズの製作をやってみようと思われている方も多いのではないでしょうか?
しかし、個人的な利用にとどまらずオリジナルグッズを第三者へと販売する上では、
ある程度は法律のことも知っておかなければなりません。
最低限の知識がないと、知らないうちに違法なことをしてしまう危険性もあります。
そうならないためにも、今日の記事をしっかりとチェックしてくださいね。

オリジナルグッズの販売が著作権侵害にあたる可能性

オリジナルグッズの販売は著作権侵害にあたる場合もあるのですが、
著作権侵害になってしまうのは具体的にはどんなケースなのかをよく理解しておくことが大切です。

□アニメ、漫画キャラクターの無断使用はダメ

漫画やアニメの作品を製作した作者は「著作権法」と呼ばれる法律において著作権という権利が与えられています。
この著作権は作品を公表したり営利目的で使用することを可能にする権利のことで、著作権者以外の第三者に対しては認められていないのです。
ですから、もし著作権者以外の人が作品を無断で公表したり営利目的で使用したりしていると、著作権侵害になってしまう場合もあります。
具体的に例を挙げると、オリジナルグッズの販売目的で漫画、アニメなどのキャラクターを無断で使用してはなりません。
全く同じではなくても、酷似したデザインを使用するだけで著作権侵害になります。
著作権侵害に対してはいまいち実感が湧きにくかもしれないですが、違反すると罰則も設けられているため十分注意しましょう。

□どういったデザインならOK?

基本的にいちから自らがデザインしたものならば、著作権者は自分にあたるためグッズを問題なく販売できます。
そしてストライプ、チェックなど、どなたでも思い浮かぶような単調なデザインも問題ありません。
また、一部のアニメ作品のように著作権に許可を受けて使用する同人オリジナルスマホケースもあります。
企業などで商品化されているグッズのほとんどはそのケースです。

ただ、アニメや漫画のキャラクターがプリントされた生地は販売用オリジナルグッズを制作するためには使用できません。
アニメキャラクターの生地は、個人利用を想定しているものがほとんどです。

□写真を印刷したオリジナルグッズは肖像権に注意しよう

あなたの製作したオリジナルグッズが著作権に関して問題なくても、肖像権侵害になってしまう事があります。
自らが作った作品ならば著作権者は自分ですが、写真も作品の一種ですから自ら撮影した写真ならば自分が著作権を持つという事になります。
しかし、写真の場合は「被写体」に注意を払わなければなりません。
写真を使用したオリジナルグッズを販売する場合、肖像権の問題が絡んできます。
肖像権は著作権の場合とは違い法律で明文化されている権利ではありませんが、
判例では認められており、法律上の権利と同じように扱われます。
この肖像権の内容は、自分の写真、似顔絵などを無断で使用されないという物です。

例えば有名人の画像をネットで探してそのままオリジナルグッズに使用するのは肖像権侵害にあたります。
肖像権は有名人だけではなく一般人も有する権利なのでお友達などの写真を勝手に使用するのもNG。
ただ、街中の風景などで、個人が特定できないような様子で人が写り込んでいるような場合には問題ありません。

宣伝方法が景品表示法に引っかかる場合も

オリジナルグッズの販売を行う際には、各種SNSなどを用いて宣伝をすることがありますが、
宣伝を積極的にはしていなくても、販売目的で使用するサイトのページには商品説明を記載します。
そして商品の説明、宣伝においては「景品表示法」について意識しておかなければなりません。
景品表示法は不当な表示を禁止していますので、あなたが販売している商品について虚偽の表示や、第三者が見て誤解を招くような表示をしてはなりません。
根拠のない日本一安い!などといった数字を入れるのもNGですし、普段と同じ価格で販売しているのに「セール」「大特価」と表示してみたり、
いつまでも販売しているものを「期間限定」と大袈裟に表示したりするのもいけません。

まとめ

オリジナルグッズの販売を行う際には法律についての最低限の知識を得て、思わぬ形で違法になってしまわないようにしておいてくださいね。
また、完全オリジナルのお写真やデザインしたイラストを用意しているなら、メークでぜひオリジナルスマホケースを作ってみませんか。
ぜひメークのホームページからお気に入りのオリジナルグッズを選んで、利用してみてくださいね。

メークでした