TOPIC

2020.9.02

スマホケース オイルの安全性 気泡が入る?

スマホケース オイルの安全性 気泡が入る?

オイルを用いたスマホケースは危険?

現在、スマホケースはほんとうにたくさんの種類がリリースされており、
ハードケース、ソフトケース、手帳型スマホケース、ウッドケース、強化ガラスケース、インパクトケース、
ラグジュアリーケースetc…
ざっと思いつくスマホケースを並べただけでも数が多すぎて、
どのケースがどんな特徴があるのか、わかりにくいとお考えの方も多いかもしれないですね^^;
今日の記事ではその中でもスマホケースの内部にオイルを入れて不思議な輝きを放つグリッターケース、ネオンサンドケースに関わる注意点を解説いたします。
これからグリッターケースやネオンサンドケースを購入しようとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

スマホケース内のオイルが漏れる?

スマホケースの内部にオイルを入れると聞くと、「一体何のためにオイルを入れるの?」
と疑問に感じる方もおられるかもしれません^^;
簡単に説明しますと、グリッターケース、ネオンサンドケースと呼ばれるスマホケースは内側に輝く素材の内容物を入れて、
さらに特殊なオイルも入れることで様々な形の内容物がゆっくりと内部を浮遊するようになり、
不思議な視覚効果が得られます。
スマホケースを傾けるとキラキラと輝くグリッターケース、同じようにオイルを用いたつくりですが、内容物の光り方はグリッターケースとひと味違い、ほのかな輝きを放つネオンサンドケース、共に今大人気のスマホケースです。
しかし、こうしたケースの内部のオイルが漏れて火傷をしたという事故のニュースを目にした方もいらっしゃるかもしれません。
これは噂ではなく事実で実際に起きた事故なのですが、
ME-Qで使用しているオイルはそうした事故の危険性が無いように人体に悪影響のないものが使われています。
ですからグリッターケース、ネオンサンドケースのオイルが危険と考えていらっしゃる方も安心してME-Qでオリジナル制作してみてください!

また、こうしたタイプのスマホケースを使用されていて内側に気泡が入ってしまって気になっているという方もいらっしゃるかもしれませんが、これはオイルが高温になると気泡を発生させるという仕様上のもので、
品質には問題ありませんのでご安心ください。
そして、こうした気泡が気になって消したいとお考えの方は冷蔵庫にスマホケースを入れて一晩寝かせるなどすれば、
温度の変化により気泡は消滅していきますのでぜひ試してみてくださいね。