TOPIC

2020.8.26

ベルトなし 帯なしスマホケース メリットは?

ベルトなし 帯なしスマホケース メリットは?

手帳型スマホケースには様々な種類があります

大人気の手帳型スマホケースですが、実は様々な種類がありME-Qでもバラエティーに飛んだ手帳型スマホケースの販売を行っています。
その中でも最もポピュラーなのがスタンダードタイプなどと呼ばれる、本物の手帳と見分けがつきにくいほどに似ている表紙を留めるベルトの付いたタイプです。
手帳型ケースと聞けばこのスタンダードタイプの手帳型スマホケースをまっさきに思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
そして、少しユニークなタイプの手帳型スマホケースとして人気があるのがベルトなしタイプです。
今日はこのベルトなしスマホケースの利点や注意点について解説していきますので、
これからベルトなしスマホケースを購入されようとする方はぜひ参考にしてみてくださいね。

シンプルなルックスのベルトなし手帳型スマホケース

写真にも上げておりますがこのベルトなしタイプの手帳型スマホケースは、ベルトのあるスタンダードタイプに比べてかなりスッキリとした印象を受けます。
そのため、デザインを重視してベルトの部分が邪魔だと感じる方の中には、オリジナルデザインでスマホケースを作成される際にこうしたベルトなしタイプを選択される方もたくさんいらっしゃいます。
特に写真や大きめのキャラクターなどをデザインする場合は、ベルトがないほうがシンプルにデザインが際立ちます。

ベルトなし手帳型スマホケースの欠点は?

ベルトなし手帳型スマホケースの特徴として、ベルトありのタイプに比べて表紙が開閉しやすいという点が上げられます。
これはメリットでもデメリットでもあるのですが、たとえば着信があってすぐに電話に出たい場合には開閉しやすい点はメリットとなります。
しかし、マグネットで表紙を固定しているとはいえしっかりとベルトで固定しているスタンダードタイプに比べて、
鞄の中などでは意図しないうちに表紙が開いてしまうことがあり、最悪の場合は鞄の中の他の金属製品などとスマホの画面が擦れて傷がついてしまうようなケースも考えられます。
スマホの画面をとにかく傷つけたくないという方は、ボタンなどで表紙を固定するベルトありタイプを選択したほうが良いかもしれないですね。

まとめ

今日の記事ではベルトなし手帳型スマホケースの特徴について解説いたしました。
ME-QではiPhoneにもAndroidにも人気機種にはほぼ全機種対応、手帳型スマホケースを格安でオリジナル印刷することができますので、
ぜひお気に入りの手帳型スマホケースを見つけて、制作してみてくださいね