/* A8net */

TOPIC

2020.8.28

AirPodsを紛失してしまった時の対処法は?

AirPodsを紛失してしまった時の対処法は?

AirPods & AirPods Proシリーズはなくしやすい?

AirPods、AirPods Proは世界で最も有名なワイヤレスイヤホンとして高い人気を得ていますが、
その価格の方も他社の競合製品に比べると高価になっていますので、うっかりなくしてしまったらショックですよね?
これはAirPods、AirPods Proに限らないのですが、コンパクトでコードもないワイヤレスイヤホンは、
通常の有線イヤホンよりも落下させてしまうことも多く、紛失する可能性も必然的に高くなっています。
AirPodsユーザーの皆さんはもちろんそういったことのないように注意をされていることと思いますが、
不幸にもAirPods、AirPods Proを紛失してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

困った時のあの機能

AirPods、AirPods Proがどこかへいってしまって行方が分からない時は、何はともあれアップル製品ではお馴染みとなっている「iPhoneを探す」機能を使いましょう。
この機能を使うことでAirPodsがどこにあるかを地図の上で確認することができます。
事前に設定が住んでいれば、「iPhoneを探す」アプリを開くことでAirPodsをかなりの精度で探すことができます。
また、この「iPhoneを探す」APPはデフォルトでiPhoneに入っていますので、特にDLをしたりする必要はありません。
手順としてはこのアプリを起動してApple IDとパスワードでサインインします。
そしてAirPodsをタップすると地図上にAirPodsの位置が表示されます。
また、最後に接続された時間も知ることができるので他者に拾われて使われている場合はすぐにわかります。
この「iPhoneを探す」機能は、iPhoneをなくしてしまった場合にも有効なので、
ぜひ初期設定を済ませておくことをオススメします。

まとめ

今日はAirPodsをなくしてしまった際の対処法について解説いたしました。
AirPodsはコンパクトなのでどうしてもなくしやすくなってしまいますが、ME-QではAirPodsオリジナルケースを取り揃えており、視認しやすいカラーのケースを使用したり、固定具付きや滑りにくい素材のオリジナルケースを使用することで事故の可能性は減らすことができます。
ぜひお手持ちのアップル製品に対応するオリジナルケースを製作して、アップル製品を大切に扱ってくださいね