TOPIC

2022.5.30

手帳型ケースをお持ちの方へ!スマホケースにカードを入れる際の注意点をご紹介!

手帳型ケースをお持ちの方へ!スマホケースにカードを入れる際の注意点をご紹介!

手帳型ケースをお持ちの方へ!スマホケースにカードを入れる際の注意点をご紹介!

「スマホケースにクレジットカードなどを入れてもいいのだろうか」
このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
この記事では、スマホケースにクレジットカードを入れるときに注意することや、入れても良いカードの種類をご紹介します。
ぜひ、参考にしてください。

スマホケースにカードを入れるときの注意点

スマホケースにクレジットカードを入れていたら使えなくなってしまった。
このような経験がある方は、多いのではないでしょうか。
ここでは、スマホケースにカードを入れる際の注意点を、カードが使えなくなる原因とともに2つご紹介します。

1つ目は、スマートフォンからの電磁波による影響が挙げられます。
スマートフォンには微力ですが、常に電磁波が流れています。
そのため、その電磁波がクレジットカードの磁気を弱めてしまう可能性があります。

このような事態を防ぐために、電磁波干渉防止シートの使用をおすすめします。
これだけで、スマートフォンから発生する電磁波を遮断してくれるため、スマホケースにカードを入れることができます。

2つ目は、手帳型のスマホケースに使用されているマグネットの影響が挙げられます。
近年では、手帳型のスマホケースを使用する方も増えてきました。
しかし、この手帳型のスマホケースに使用されているマグネットも、常に電磁波を発しているので、カードが使えなくなる原因になります。
この場合、マグネットが使用されていないスマホケースを選ぶか、カード類をケースに入れないようにするしか対処法がありません。

スマホケースに入れても良いカードの種類

「スマホケースに入れられるカードはないのだろうか」
このようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。
ここでは、カードを接触型と非接触型の2種類に分けてご紹介します。

非接触型

交通系ICカードのように、かざすだけで使えるカードを指します。
この場合、磁気ではなく電波により情報を読み取らせているので、スマホケースに入れてもカードが使えなくなる可能性は低いです。

接触型

カードリーダーなどに通さないと、使用できないカードを指します。
この中でも、黒いラインがついているカードを磁気ストライプカードと言います。
これは、情報の格納に磁気を使用しているため、外部から電磁波の影響を受けると情報を読み取らせることが難しくなります。

まとめ

この記事では、スマホケースにカードを入れるときの注意点や、入れても良いカードの種類をご紹介しました。
スマホケースとカードを一緒に収納する際、収納できるカードと、そうでないものがあります。
後悔しないためにも、今回紹介した注意点はしっかり押さえておきましょう。

こちらの関連商品をオリジナルで1個から作成頂けます。