TOPIC

2021.3.21

自作グッズの作り方とは?アイデアをご紹介

自作グッズの作り方とは?アイデアをご紹介

自作グッズの作り方とは?アイデアをご紹介

「自分だけのオリジナルグッズを作ってみたい」「手作りで推しのグッズを作りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
自作グッズを作りたいと思っても、自作グッズの種類や材料、作り方などわからないことが多いですよね。
そこで今回は、自作グッズの例とその作り方をご紹介します。

自作グッズの例と作り方をご紹介

ここでは、自作グッズの例を3つ紹介します。

カレンダー

材料は、カレンダーと2面のフォトフレーム、好きな画像や写真です。
フォトフレームの片面にカレンダー、もう片面に好きな画像や写真を入れます。
カレンダーやフォトフレームは100均でも販売されており、低予算で作ることが可能です。
写真をいつでも入れ替えられるのが魅力ですよね。

小皿

材料は、好きな画像を印刷した紙、無地の小皿とベビーオイル、クリアファイル、筆、つや出しニスです。
好きな画像を印刷したものを適切なサイズにカットし、ベビーオイルを塗ります。
ベビーオイルを塗って半透明になった紙を小皿に貼り付け、つや出しニスを塗ります。
ニスが乾いた後にもう一度ニスを塗って乾かせば、小物入れやインテリアとして使える世界に一つだけの小皿の完成です。

キーホルダー

100均で販売されているフォトキーホルダーと、キラキラ折り紙、シールやラメ、好きな画像から簡単にオリジナルキーホルダーが作れます。
画像をフォトキーホルダーに入る大きさにカットし、背景にする折り紙に貼り付けます。
シールやラメで飾り付けたら完成です。

より質の高い自作グッズにしたいなら

自作グッズを作るうえで時間や技術的問題に直面することもあります。
限られた時間や自分のスキルの中で、高クオリティの自作グッズを作りたいなら、グッズ製作専門会社に依頼するのがおすすめです。

専門の会社を利用することで、自分ではできない加工や製作作業をプロや機械に任せることが可能です。
専門会社に頼ることで、お店で販売されているものと同等クラスの仕上がりが期待できます。

また、労力や時間がほとんどかからないのも魅力です。
必要な作業は、デザインを考えることと発注時の必要情報の入力が主で、依頼後は自作グッズの完成を待つだけです。
時間の確保が難しいという方にもぜひ活用していただきたいです。

まとめ

自作グッズにはカレンダーや小皿、キーホルダーなどの種類があり、どれも比較的安価で簡単に製作できます。
グッズ製作会社の力を借りることで、時間やスキルにとらわれないグッズ作りができます。
より質の高いグッズを作ってみたい方は、お気軽に当社までお問い合わせください。