TOPIC

2021.2.06

ハンドタオルが余っている方必見!リメイクの方法を紹介します

ハンドタオルが余っている方必見!リメイクの方法を紹介します

ハンドタオルが余っている方必見!リメイクの方法を紹介します

ハンドタオルが余っていて、その使い道に困っている方はいらっしゃいませんか。
使わなくなったタオルでも、捨てるにはもったいないと感じますよね。
実は、ハンドタオルにはリメイク方法がたくさんあるとご存じでしたか。
そこで今回は、ハンドタオルを有効活用する方法をご紹介します。

タオルがリメイクに向いている理由とは

ご自宅に余っているタオルはありませんか。
タオルはその本来の役割以外にも、活用方法があります。
ここでは、タオルがリメイクに向いている理由をご紹介します。

1つ目の理由は、洗えるためです。
普通の生地だと、洗うことでダメージがあるのではないかと心配になりますよね。
しかし、タオルは日常使いを想定して作られているため、定期的に洗えます。

2つ目の理由は、質感が良いためです。
タオル特有の手触りを活かした、リメイクをしてみてはいかがでしょうか。

3つ目は、機能性が高いためです。
タオルは、吸水性に優れていますよね。
そのような機能性の高さもリメイクに向いている理由の1つでしょう。

ハンドタオルのリメイク例を紹介

ここでは、ハンドタオルのリメイク方法をご紹介します。

1つ目は、ポーチにリメイクする方法です。
ハンドタオルの特徴の1つは、そのデザイン性の高さです。
バスタオルをはじめ、大きめのタオルと比べてブランド品やキャラクターが描かれたものまで豊富なデザインがありますよね。
そのようなタオルをリメイクすると、おしゃれなポーチになるでしょう。

また、作り方もファスナーをつけて縫い合わせるだけです。
簡単に作れるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

2つ目は、ペットボトルカバーにリメイクする方法です。
ハンドタオルをリメイクしたカバーを使うと、ペットボトルについた水滴を吸収してくれます。
細かい布の処理が必要なく、簡単に作れるのもメリットです。

3つ目は、ペンケースにリメイクする方法です。
お気に入りのデザインのハンドタオルで作ったペンケースを使うと、気分も上がりますよね。
作り方は、基本的にポーチと似ていて簡単ですが、ファスナーの長さを調節して使いやすくしてみましょう。

4つ目は、赤ちゃんスタイにリメイクする方法です。
上記の3つとは違い、ハンドタオルそのものの形を残してリメイクできます。

5つ目は、抱っこ紐のヨダレカバーにリメイクする方法です。
抱っこ紐によだれがついて、悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
頻繁に洗える物ではないため、処理方法に困りますよね。
そのような方は、タオルにボタンをつけて紐部分に取り付けるだけで、お悩みが解決できるかもしれません。

ここでご紹介したリメイク方法は、どれも気軽に試せるものばかりではないでしょうか。
ぜひ、試してみてください。

まとめ

本記事では、ハンドタオルのリメイク方法をご紹介しました。
タオルは、その質感や機能性からリメイクに向いている素材です。
特にハンドタオルは、リメイクにはちょうど良いサイズですよね。
本記事を参考にして、余っているタオルを有効活用してみてください。