TOPIC

2020.9.13

スマホケースは手帳型とカバー型どっちが良いの?それぞれの特徴を理解しよう!

スマホケースは手帳型とカバー型どっちが良いの?それぞれの特徴を理解しよう!

スマホケースは手帳型とカバー型どっちが良いの?それぞれの特徴を理解しよう!

スマホケースの購入の際に、「手帳型とカバー型のどっちが良いのだろう。」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
どちらにもメリットとデメリットがあるので、一体どちらが良いのか分からなくなってしまいますよね。
今回はそのような方のために、手帳型スマホケースとカバー型スマホケースの特徴をご紹介します。

手帳型スマホケースの特徴

まずは手帳型スマホケースのメリットをご紹介しましょう。

メリットの1つ目は、スマホの保護性能に優れていることです。
手帳型ケースはスマホの背面、側面、前面の全てを保護できます。
落下時の衝撃だけでなく、バッグの中で小物と擦れた際に生じるスクリーン上の傷まで防げるため、スクリーンの保護シールを貼る必要がありません。

メリットの2つ目は、カバー部分の機能性に優れていることです。
手帳型スマホケースのカバー部分の内側には、ICカードが入れられるカードケースやミラーがついていることが多いです。
電車やバスに乗る機会が多い方はスムーズに乗り降りできるでしょう。

以上の2つのメリットが理解できたところで、デメリットについても理解しておきましょう。

デメリットの1つ目としては、すぐにスマホを操作できないことが挙げられます。
突然電話がかかってきた時やすぐに写真を撮りたい時にもカバーを開く動作が必要です。
スマホを使う機会が多い方は不便に感じてしまうでしょう。

デメリットの2つ目としては、熱がこもりやすいことが挙げられます。
前面が囲まれているため、スマホから発生する熱が放出されません。
これによってバッテリー消費が激しくなることを覚えておきましょう。

カバー型スマホケースの特徴

まず、カバー型スマホケースのメリットをご紹介しましょう。

メリットの1つ目は、かさばらないことです。
背面と側面だけ守るデザインなので、コンパクトにスマホを持ち歩けます。
メリットの2つ目は、通知が来たらすぐに確認できることです。
画面が常に見えている状態であるため、手早く返信したい方にはぴったりでしょう。

以上のメリットがお分かりいただけたところで、デメリットも理解しておきましょう。

デメリットの1つ目は、落下した際に画面が割れる不安があることです。
やはり、落下した際の保護性能は手帳型ケースよりも劣ってしまいます。
スクリーンに保護フィルムを貼るなどの対策をすると良いでしょう。

デメリットの2つ目は、スクリーンの汚れが気になってしまうことです。
スクリーンには指紋やほこりがつきやすい上に常にその汚れが見えた状態になりますから、綺麗好きな方は汚れに気を取られてしまうかもしれません。

まとめ

今回は、手帳型スマホケースとカバー型スマホケースの特徴をそれぞれご紹介しました。
ご自身のニーズに合うケースはどちらのタイプなのか、本記事を参考にして検討してみてください。