TOPIC

2020.7.10

手帳型スマホケースのポケットに何入れる?その上手な活用方法とは?

手帳型スマホケースのポケットに何入れる?その上手な活用方法とは?

手帳型スマホケースのポケットに何入れる?その上手な活用方法とは?

手帳型スマホケースのポケットを使用していない方はいませんか。
そうお考えの方の中には、ポケットに何入れるのか分からない方がいると思います。
そこで今回は、手帳型スマホケースのポケットの活用方法を紹介します。

活用方法の事例について

手帳型スマホケースのポケットに入れられるモノはいくつもあるため、代表的な事例を4つ紹介します。

1つ目は、交通系I Cカードや定期券です。
電車やバスに乗るたびに使うI Cカードや定期券ですが、それ専用のケースに入れた場合、鞄から探して取り出すことを面倒に思う人がいると思います。
しかし、よく使うスマホのケースに入れておけば、探す必要がなくなり、ストレスが減るでしょう。

2つ目は、現金です。
現金を入れておくと、電子対応していない店や自動販売機などで支払いをする際に、とても役に立ちます。
お札を入れる際は、三つ折りにすると入れられるでしょう。

3つ目は、運転免許証です。
少しだけ出かける際に、運転免許証の入った財布を家に置いてきてしまい、取りに帰る経験をしたことがある方がいると思います。
しかし、常に持ち歩いている人が多いスマホならば、家に取りに帰る必要がなくなるでしょう。

4つ目は、絆創膏です。
外で遊んでいるお子さんの予期せぬ怪我や、履き慣れない靴での靴ズレなどが起きた際に、緊急の手当てに絆創膏があると安心でしょう。
また、カバンに絆創膏をそのまま入れていると、くしゃくしゃになってしまう場合があるため、スマホケースのポケットに入れることをお勧めします。

手帳型スマホケースのポケットの注意点とは

ここでは、スマホケースのポケットに入れない方が良い物を紹介します。
それは、黒い磁気テープがついたカードです。
例としては、銀行のキャッシュカードやクレジットカード、Tポイントカード、Pontaカードが挙げられます。
理由としては、手帳型スマホケースにはマグネットが入っており、カードと接触することで、磁気不良を起こす可能性があるからです。

しかし、SuicaやEdyなどの、かざすだけで使用できるカードは問題が起きにくいと言われています。
それでも心配な方は、磁気シールドカードを使用すると、壊れる可能性はさらに減少するでしょう。

まとめ

今回は、手帳型スマホケースのポケットの活用事例と注意点を紹介しました。
ポケットの活用方法は多岐にわたることが分かったと思います。
手に持っていることが多いスマホと、よく使用するものをセットにしておき、より快適な生活を目指しましょう。