TOPIC

2020.5.16

手帳型スマホケースにカードを入れたい方へ!磁石によってカードが壊れるかも?

手帳型スマホケースにカードを入れたい方へ!磁石によってカードが壊れるかも?

手帳型スマホケースにカードを入れたい方へ!磁石によってカードが壊れるかも?

手帳型スマホケースにカードを入れて荷物をコンパクトにしたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
手帳型スマホケースにはカードを入れられるホルダーがついているため、定期券やカードを入れるのに便利です。
しかし、ケースの種類によってはカードを入れてはいけない場合があります。
どういうことでしょうか。

磁気カードは手帳型スマホケースと相性が悪い

手帳型スマホケースにカードを入れるのは一般的です。
周りの友達も多くの人がそうしているのではないでしょうか。
しかしそれと同時に、スマホとカードを一緒にしていたらカードが壊れてしまったという話もよく聞きます。
どうしてカードが壊れてしまうのでしょうか。

手帳型スマホケースには、磁石が用いられている場合があります。
例えば、ケースを閉じるための留め具に磁石が使われているといったパターンはよくあります。
また、留め具はなくとも、手帳ケース全体に磁石がついていて、その力で閉じているものもあります。
また、スマホからも微弱な磁気が出ています。

カードのなかには、磁気に弱いものがあることをご存じでしょうか。
カードの裏に黒いテープのようなものがついている磁気カードや、SUICAやPASMOなどのICカードは磁気に弱いです。
磁気カードは、ポイントカードにも用いられています。
これらをスマホと一緒に持ち歩く際には、注意が必要です。

手帳型スマホケースにカードを入れる方法

では、スマホケースにカードは入れられないのでしょうか。
結論を言うと、対策をしていれば安全にカードを収納できます。
一体、どのような対策があるのでしょうか。

まずは、磁石の使われていないケースや磁力が弱めのケースを選ぶことが大切です。
留め具にはさまざまなタイプがあります。
物理的に留められるボタンタイプですと、カバーが開く心配もなく、磁気も使用していないので安心です。
しかし、これだけでは安心できません。
スマホから出ている微弱な磁気にはどのように対処すればいいのでしょうか。

スマホから出る磁気を防止するためには、磁気防止シートというものが活用できます。
カードとスマホの間にシートを挟めば磁気をある程度は遮断できます。
この2つの対策を打っておけば、カードが壊れてしまうことを防げるでしょう。

まとめ

磁石はカードの天敵です。
磁石に弱くないカードもありますが、定期券は壊れてしまう可能性もあります。
カードが壊れてから後悔したくはないですよね。
どうしてもカードを手帳型スマホケースに入れたい場合には、適切な対策をしてから入れるようにしましょう。