TOPIC

2020.4.28

手帳型スマホケースの素材にはそれぞれどんな特徴がある?

手帳型スマホケースの素材にはそれぞれどんな特徴がある?

手帳型スマホケースの素材にはそれぞれどんな特徴がある?

スマホケースを新しくしようと考えているけれど、どのような種類があるのかが気になっているという方はいらっしゃいませんか。
手帳型スマホケースには、素材だけでもさまざまな種類があります。
そのため、まずは素材からスマホケースを選ぶのも一つの方法です。
素材の種類について確認しておきましょう。

手帳型スマホケースの種類について

手帳型スマホケースの種類には、合皮、本革、布、木などがあります。
これらはそれぞれに特徴があります。
スマホケースは人によってこだわりが異なります。
そのため、自分に合ったスマホケースを選べたら良いですよね。
メリットやデメリットを把握して、自分に合ったスマホケースを選びましょう。

まずは合皮ですが、価格が安いというメリットがあります。
光沢もあり、新品のときには高級感もあります。
しかし、良い点だけではありません。
デメリットとしては、耐熱性や耐水性に劣っているという点が挙げられます。
スマホは熱を持ちやすく外でも頻繁に用いるため、耐熱性や耐水性が劣っている点は、人によってはデメリットになりうるかもしれません。

本革レザーでできているスマホケースもあります。
本革でできているため、高級品として人気があります。
もちろん本革の高級品なため、価格が高いといったデメリットがあります。
高いものになると、10万円以上になるため、その高級感は合皮とは比べ物になりません。
ビジネスシーンでの人気が特に高いです。

布のスマホケースもあります。
レザーに比べると汚れやすかったり、強度が弱かったりするなどのデメリットがあり、また種類がそこまで多くありません。
布製のスマホケースでは、デニム生地を使ったものが人気です。
デニムのものは特にファッション性が高いため、多くのメーカーから販売されています。

また、変わっている素材に天然素材もあります。
天然木を用いたスマホケースは質感が良く、木目には高級感があり、人気の高い素材です。
木の他に竹が用いられることもあります。
竹には抗菌性があることはご存知でしょうか。
スマホはいつでもどこでも利用するため、雑菌がつきやすいものです。
そのため、抗菌性のある竹はスマホケースに最適です。
衛生に気を遣っている方にはおすすめです。

まとめ

スマホケースにはさまざまな種類の素材が用いられています。
ここで紹介した以外にも個性的な素材が用いられていることがあります。
探せば探すほどさまざまな種類のスマホケースが見つかるでしょう。
自分に合ったスマホケースを見つけましょう。