TOPIC

2020.4.29

スライド式の手帳型スマホケースのメリットとデメリットとは?

スライド式の手帳型スマホケースのメリットとデメリットとは?

スライド式の手帳型スマホケースのメリットとデメリットとは?

スライド式の手帳型スマホケースに興味があるという方はいらっしゃいませんか。
スマホケースについて色々調べていると、粘着シートや、スライドなど、さまざまな種類が見つかるかと思います。
今回は、スライド式のケースについて解説していきます。

カメラの穴について

スマホケースにはカメラ用の穴が開いているものが一般的です。
しかし、手帳型のスマホケースだと、カメラ用の穴が開いているのはちょっとデザイン性がないと思ってしまう方もいらっしゃいます。

そこでおすすめなのがスライド式です。
このスマホケースにはカメラの穴がありません。
そのため、デザインの面で良くないなと思うこともないです。
しかし、穴が開いていないと写真が撮れません。
写真を撮るたびにケースからスマホを取り出す必要があるのでしょうか。

この際に、スライドが活躍します。
スライド式のスマホケースはケースの中でスマホをスライドできるため、カメラ部分をケースの中から飛び出させられます。
そのため、デザインと機能の両方を損なわずに利用できるのです。
デザインも機能もどちらも捨てられない方には嬉しいですね。

スライド式手帳型スマホケースの特徴

スライド式手帳型スマホケースには、デザイン性と機能性のどちらも優れているという特徴がありました。
また、それ以外にも特徴があるため、確認しておきましょう。

このスマホケースは、粘着シートでスマホを固定します。
そのため、多くの機種に対応しているケースが多く、スマホの取り外しがしやすいでしょう。

また、片面だけのスマホケースと異なり、前面や背面、種類によっては側面までしっかりカバーできて、破損の心配が少ないです。
カメラの穴が開いていないこともスマホの安全には重要な点です。
カメラの穴が開いていると、そこに物が当たって破損してしまう場合がありますが、そんな心配もありません。

しかし、気になる点もあります。
例えば、何度も着脱することで粘着シートが剥がれやすくなってしまうという点や、熱が溜まりやすい点、ケースによってスマホがかさばる点です。
これらは全て手帳型スマホケースの特徴です。
そのため、普段から手帳型に慣れている人には関係ないかもしれません。

まとめ

スライド式手帳型スマホケースは、デザイン性も損なわず、カメラの機能を生かせるタイプのスマホケースでした。
普通の手帳型スマホケースに不満があるという方は多いです。
もしスライド式手帳型スマホケースに魅力を感じたのであれば、購入を検討してみてはいかがでしょうか。