TOPIC

2020.4.03

オリジナルデザインのスマホケースを作る注意点について解説

オリジナルデザインのスマホケースを作る注意点について解説

オリジナルデザインのスマホケースを作る注意点について解説

「自分でスマホケースを作りたい!」
このように思っている方は多いと思います。
そのような方に向けて、スマホケースを自作する目的や注意点についてご紹介いたします。
製作を始める前に読んでみてください。

スマホケースを作る目的は?

多くの人がスマホにケースを装着して持ち歩いていますよね。
ケースを付けている理由として、ある人は落としたときの衝撃からスマホを守るためと答えるでしょう。
またある人はお気に入りのアーティストや作家さんの作品だから使っていると答えるかもしれません。
このようにどのスマホケースを使っている人にも目的があると思います。

それでは自分でスマホケースを作るときの目的とはなんでしょうか。
機能性を重視するのであれば手帳ケースで問題ないでしょう。
スマホを保護してほしいと思うのであれば市販で耐久性を謳っているもので十分だと思います。

スマホケースを自作するときの1番の目的としては、「個性を表現する」ことが挙げられるでしょう。
しかし、一から手作りをするのであれば、自分の好きなようにデザインできるため、個性あふれるスマホケースを作れます。
人と被ることもなく自分を表現できるので、自分らしさを相手に伝えられるでしょう。
スマホケースを手作りするときは、自分の個性や趣味を表現することが大切です。

スマホケース自作時の注意点

自分でスマホケースを作るときは、市販のケースにデコレーションをしていく方法が1番簡単でしょう。
材料となるケースは、100円ショップにも置いてあるのですぐにそろえられますよ。
クリアケースのラインアップも多いので、色がデザインの邪魔をすることがありません。

しかし、ケースの素材によってはデコレーションでよく使われる材料が使えないものもあるので注意する必要があります。
事前にチェックをするようにしましょう。

例えば、シリコンケースはレジンやマニキュアが付きにくいので使用には向いていません。
一般的な手作りスマホケースにはプラスチック製のものが使われていることが多いです。

また、スマホケースを作る場合はカメラのレンズの位置を確認するようにしましょう。
スマホケース作りの失敗で多いのはケースが、レンズに被って写真が撮れなくなってしまうことです。
写真を撮るたびにケースからスマホを取り出さないといけないのは面倒ですよね。

まとめ

今回はスマホケースを自作する目的は何なのか、自作するときの注意点についてご紹介しました。
自作のスマホケースで自分らしさを表現しましょう。
この記事を参考にして自分が気に入るスマホケースを作ってみてくださいね。