TOPIC

2019.12.22

AQUOSのタッチパネルが反応しない!その原因を解説します

AQUOSのタッチパネルが反応しない!その原因を解説します

AQUOSのタッチパネルが反応しない!その原因を解説します

「AQUOSのタッチパネルが全然反応しないから困っている。」
「反応がない時の対処方法について知りたいな。」

このように、スマホのタッチパネルの反応について気になっている方も多いのではないでしょうか。
タッチパネルはスマホになくてはならないものなので、対処方法が知りたいですよね。
そこで今回は、スマホのタッチパネルが反応しない原因、解決方法、AQUOSのタッチパネルに関する公式情報の見解についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

スマホのタッチパネルが反応しない原因とは?

タッチパネルには、抵抗膜方式と、静電容量方式の2つのタイプがあります。
これは、押す力に反応するか、静電気に反応するかの違いがあります。
スマホには、押す力というよりは静電気のタイプが多いとされています。

1つ目の原因は、皮脂やホコリによる汚れです。
まず、考えられる原因としてあげられるのが、タッチパネルの汚れです。
手には、目で見えない汚れもたくさんあります。
スマホは、毎日使うため、ほこりも付着しやすくなっています。
きちんと清掃するには、ティッシュよりもめがね用のクリーナーを使うことをおすすめします。

2つ目の原因は、アプリが多すぎることです。
スマホが反応しない原因として、アプリが負担になっていることも挙げられます。
アプリが多いと、起動や動作に影響してしまい、スマホに負担がかかります。
そのため、使わないアプリはアンインストールをしておきましょう。
また、バックグラウンドのアプリもスマホに負担がかかるので、タブを削除しておいた方が良いでしょう。

3つ目の原因は、端末に一時的な不具合が発生していることです。
スマホの不具合は、様々な原因により問題が発生しますが、特にタッチパネルが反応しない場合は、接近センサーが誤作動を起こしている可能性があります。
センサーは、通話時のような誤操作を防ぐために内蔵されていますが、誤って保護フィルムに反応してしまうこともあります。

4つ目の原因は、画面が故障していることです。
スマホを落としたり、衝撃を与えたりすることで、画面がひび割れて欠けてしまうなんてこともあります。
ひび割れや欠けてしまうことにより、タッチパネルが反応しなくなることもあるため、小さな傷がないか確認しましょう。

5つ目の原因は、液晶を保護するためのフィルムとスマホの画面の隙間に気泡が入っていることです。
スマホの画面を衝撃から守ろうと保護フィルムを貼っている方も多いのではないでしょうか。
保護フィルムと画面との間に気泡が入ってしまうと、タッチパネルが上手く操作できない可能性があります。
そのため、フィルムがしっかりと貼られているか、気泡が入っていないかを確認しましょう。

6つ目の原因は、アプリのキャッシュが多すぎて、端末が重くなっていることです。
タッチパネルの反応が鈍かったり、動きが遅かったりする場合は、アプリのキャッシュが多すぎる可能性があります。
キャッシュとは、アプリを使用すると自動的に保存されるデータのことで、長時間、使用するとスマホのパフォーマンスに影響を与えてしまうため、キャッシュを削除する必要があります。

7つ目の原因は、スマホのストレージ容量が足りないことです。
スマホ内のストレージにたくさんの写真や動画のような重いファイルが保存されている場合は、タッチパネルの操作が鈍くなってしまうかもしれません。
タッチパネルの動きが鈍い場合は、スマホ内のストレージ容量を確認してください。

8つ目の原因は、手袋を付けたまま画面を操作していることです。
スマホ操作ができる手袋ではなく、通常の手袋をはめている場合は、タッチパネルをうまく操作できません。
手袋を付けていてもタッチパネルが操作できるスマホ用の手袋も販売されているため、手袋を付けたままタッチパネルを操作したい方は購入してみてください。
また、グローブモードがオンになっている可能性もありますので確認してみましょう。

スマホのタッチパネルが反応しない時の解決方法とは?

1つ目の対処法は、スマホを強制終了させて再起動することです。
スマホの反応に違和感があり、画面が固まって動かない場合は、強制終了させて再起動してしまいましょう。
強制終了の方法は、機種によって異なるので注意しなければなりません。
AQUOSの場合は、電源ボタンを押し続けて、「SHARP」ロゴが出れば、スマホを強制終了させて再起動できます。
この方法でほぼ反応が戻るでしょう。

2つ目の対処法は、再度保護フィルムを画面に貼り付けることです。
保護フィルムと画面との間に気泡が入っている場合や接近センサーが誤作動している場合は、再度保護フィルムを貼り直しましょう。
貼り直した際に、気泡が入ってしまうと意味が無いので、固めのカードを使用して押さえながら貼り付けるようにしましょう。

また、位置がズレてしまった場合は、セロハンテープで持ち上げて調節してください。
以上のような工夫をして、保護フィルムを綺麗に貼り直してください。

3つ目の対処法は、アプリのキャッシュデータを削除することです。
多くの機能を同時に実行できるスマホですが、それにより大量のキャッシュデータが蓄積され、CPUの動作に大きな負担がかかります。
CPUの動作に負荷がかかると、スマホの操作を鈍く、重くし、タッチパネルの操作にも悪影響を及ぼします。

まず、スマホの設定アプリを開き、アプリと通知、アプリ情報から使用容量が多く、キャッシュを削除したいアプリを開きます。
次に、アプリの詳細が出たら、ストレージをタップ、「キャッシュを削除」を選びましょう。

4つ目の対処法は、グローブモードを止めることです。
中には、グローブモードが付いているスマホもあります。
このモードは、手袋をつけている手でも操作できるので、冬にとても便利な機能です。
しかし、手袋をしていないと反応しないといったケースもありますので、使う時はきちんと把握しましょう。

5つ目の対処法は、専門の修理店に持っていき、携帯修理を依頼することです。
上記の解決方法を試しても、問題が解決できない場合やスマホが機能せず自力で直せない場合は専門の修理店に依頼しましょう。

AQUOSのタッチパネルに関する公式情報の見解とは?

タッチパネルに触れなくても端末が起動する場合や、端末に触れても反応しない場合は、電源キーを押して画面を消し、再度電源ボタンを押して操作してください。
また、以下のような操作を行うとタッチパネルが動作しないため注意しましょう。

・ペンやボールペン、鉛筆といった先の尖ったもので操作
・タッチパネルに異物を乗せたままでの操作
・水分が付着したままでの操作

また、以下のポイントは誤作動の原因となるため注意してください。

・濡れた指で操作しない
・強くタッチパネルを押しすぎない

まとめ

今回、スマホのタッチパネルが反応しない原因と解決方法、AQUOSのタッチパネルに関する公式情報の見解についてご紹介しました。
スマホのタッチパネルが反応しない場合は、ぜひこの記事の内容を参考にしてくださいね。

また、当社では様々なタイプのスマホケースをオリジナルで作っていただけます。
自社生産のため、1つから大量まで作成可能で、価格も品質も安心していただけます。
大切なスマホを守りたい方や、自分だけのケースを作りたい方、プレゼントとして作りたい方は、お気軽に当社までお問い合わせください。