TOPIC

2019.12.17

覚えておきたいiPhone11シリーズの電源の入れ方とは?

覚えておきたいiPhone11シリーズの電源の入れ方とは?

覚えておきたいiPhoneシリーズの電源の入れ方とは?

「iPhoneシリーズの電源の入れ方が分からない」
<「ホームボタンがないiPhoneの電源の切り方を知りたい」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
最近iPhoneに機種変更した方は、分からない方も多いでしょう。
iPhoneは使い方を知ると簡単に操作できます。
そこで、今回はiPhoneの電源の入れ方についてご紹介します。
また、ホームボタンがないiPhoneの電源の切り方とホームボタンがあるiPhoneの電源の切り方も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneの電源の入れ方をご紹介!

初めてiPhoneを使う際、最初に電源を入れる必要があります。
電源を入れる方法が分からないと、iPhoneが使えないので困りますよね。
特にアンドロイドから初めてiPhoneに機種変更した方は、電源の入れ方が分からず困っている方が多いでしょう。
そこで、ここではiPhoneの電源の入れ方をご紹介します。

電源の入れ方は、電源ボタンを長押しするだけです。
電源ボタンをしばらく押し続けると、画面が切り替わり、アップルのロゴが表示されます。
約2秒から3秒で画面が切り替わるでしょう。
初期設定をする場合は、指示に従って操作していくとホーム画面まで移行し、iPhoneを使用できます。
初期設定をすでに終えていて、2回目以降に電源を入れた場合は、画面が切り替わり少し時間が経つと、通常のロック画面が表示されます。
あらかじめ自分で決めたパスワードを入力するとロックが解除され、ホーム画面に切り替わるので、普段通り使えるようになります。

このように電源の入れ方はあまり難しくないので、すぐに習得できるでしょう。
電源の入れ方が分からずiPhoneを起動出来なかった方はさっそく試してみてくださいね。

ホームボタンがないiPhoneの電源の切り方をご紹介!

大事な話し合いがあったり、勉強や仕事に集中したかったりするときなど、電源を切りたいタイミングがあるでしょう。

しかし、電源の切り方が分からないのでマナーモードに設定しているという人はいらっしゃいませんか。
そこで、ここではホームボタンがないiPhoneの電源の切り方を3つご紹介します。
ホームボタンがないiPhoneの種類は、X・11・12・13です。
このシリーズのiPhoneをお持ちの方はこちらを参考にしてみてください。

1つ目のホームボタンがないiPhoneの電源を切る方法は、サイドボタンと音量調節ボタンを同時に長押しすることです。
音量ボタンは、プラスとマイナスの2つがありますが、どちらを押しても電源が切れるので自分のやりやすい方で押してみてください。
しばらく長押しすると、画面が変わります。
画面の上の方に「スライドで電源オフ」が表示されるので、電源マークを左から右にスライドしましょう。
そうすると、電源が切れます。
再び電源を入れるときは、先ほど紹介した方法で電源を入れましょう。
この方法は、すぐに電源を切れるので急いでいるときにおすすめです。
以前ホームボタンがあるiPhoneを使っていた方は、サイドボタンだけで電源が切れると考えがちになり、ボタンを押しているのに全然電源が切れず困っていた方も多いでしょう。
しかし、ホームボタンがないiPhoneでは音量ボタンも忘れずに押すことで電源が切れるので、ぜひやってみてください。

2つ目は、設定画面から電源を切る方法です。
設定のアプリを開いて、「一般」を押します。
そして、「システム終了」を押し、「スライドで電源オフ」をスライドすれば、電源が切れますよ。
もし、1つ目の方法を思い出せないときは一旦設定を開くということを念頭においておくと安心です。

3つ目は、強制再起動の方法です。
強制再起動はiPhoneが固まってしまったときやホーム画面に戻らない場合、電源を切れないときに最終手段として再起動する方法です。

その方法を行うにはまず、音量ボタンのプラスボタンを押して離します。
次に、音量ボタンのマイナスボタンを押して離します。
最後に画面が暗くなるまでサイドボタンを押します。

強制再起動するときは、音量ボタンを長押しする必要はありません。
他の2つの方法と混ざらないように注意してくださいね。
もし、どうしてもiPhoneが動かなくなってしまった場合はこの方法で強制再起動すると良いでしょう。

ホームボタンがあるiPhoneの電源の切り方をご紹介!

先ほどは、ホームボタンがないiPhoneの電源の切り方をご紹介しました。
ホームボタンがある方が使いやすいと感じ、ホームボタンのあるiPhoneを使っている方や
仕事用としてホームボタンのあるiPhoneを使っているという方も多いでしょう。

そのような方のためにホームボタンがあるiPhoneの電源の切り方をご紹介します。
ホームボタンがあるiPhoneは、8以前のシリーズです。
iPadでも同じ方法でできるのでiPadをお持ちの方もぜひ参考にしてみてください。

ホームボタンがあるiPhoneの電源を切るには、電源ボタンを長押しするだけです。
iPhone6以降の大型化した4.7インチと5.5インチ型は右側に電源ボタンがあります。
iPhone SEとiPhone5s・5c以前の4インチ型は上部に電源ボタンがあります。
ホームボタンがあるiPhoneの中でも、電源ボタンの位置が異なるので、お持ちのシリーズを確認してみてください。

電源ボタンを長押しして画面が切り替わると、ホームボタンがないiPhoneと同じように「スライドで電源オフ」という画面になります。
電源マークをスライドさせると電源が切れます。
電源を切るのをやめたい場合は、下部にあるキャンセルボタンを押しましょう。
スライドせずにしばらくそのままにしても、通常のホーム画面に戻りますよ。
ホームボタンがあるiPhoneは、電源ボタンだけを長押しすると切れるので、音量ボタンを押す必要はありません。

また、ホームボタンがないiPhoneと同じように電源ボタンを使わずに設定アプリから電源を切る方法もあります。
設定アプリを開き、一般へ進みます。
進んだ画面の1番下にある「システム終了」を押すと電源が切れます。
もし、電源ボタンが壊れてしまった場合でもこの方法を使えば安全に電源を切れるので念のために覚えておきましょう。
ホームボタンがあるiPhoneの電源の切り方をご紹介しましたが、iPhoneの操作は比較的シンプルなのですぐに出来そうと感じる方も多いのではないでしょうか。
電源の切り方はやり方が分かれば誰でも簡単にできるので、どんどん使いこなしていってくださいね。

まとめ

今回は、iPhoneの電源の切り方と入れ方をご紹介しました。
初めてiPhoneを使う方やホームボタンがないiPhoneを使う方は、分からなかった人も多いでしょう。
ホームボタンがあるiPhoneとホームボタンがないiPhoneとで電源の切り方が異なるので、混乱しないように注意してくださいね。
当社では、オリジナルのiPhoneケースを作成できるサービスをしています。
iPhoneケースだけでも、豊富に種類をご用意していますのでぜひお気軽にご利用ください。