TOPIC

2019.11.10

スマホのバッテリーの寿命を長持ちさせる方法を解説します!

スマホのバッテリーの寿命を長持ちさせる方法を解説します!

スマホのバッテリーの寿命を長持ちさせる方法を解説します!

「スマホのバッテリーがすぐ切れてしまう。」
「バッテリーの寿命を長持ちさせるにはどうしたら良いのか知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
バッテリーがすぐ切れてしまうと、外出しているときに非常に困りますよね。
そこで今回は、スマホのバッテリーの寿命を長持ちさせる方法を解説します。

スマホのバッテリーの寿命

スマホのバッテリーには、リチウムイオン電池が使われていることが多いです。
一般的に、500回の充電で5割から7割の容量に劣化してしまうと言われています。
したがって、バッテリーは約2年から3年ほどで寿命を迎えることが多いです。

バッテリーの寿命を長持ちさせる方法

満充電の状態を避ける

リチウムイオン電池は、満充電の状態を続けると、劣化が進んでしまいます。
そのため、充電が100%になったらすぐに充電をやめると良いでしょう。
また、逆に充電が0%のまま放置するのも良くありません。

充電しながら使わない

充電中にスマホを使うと、バッテリーの寿命を縮めてしまいます。
スマホは電池が切れやすいので、充電しながらゲームやSNSをしている方も多いでしょう。
しかし、バッテリーに大きな負荷をかけてしまうので良くありません。
そのため、充電中はできるだけスマホを使わないようにすることをおすすめします。

高温になる場所に置かない

リチウムイオン電池は、高温の環境に弱いです。
例えば、夏場の車内に放置したり、暖房の前に放置してしまったりすると、バッテリーに負担をかけてしまいます。
したがって、このような場所ではあまり使わないようにして、涼しい場所で管理すると良いでしょう。

一気に充電する

バッテリーは充電によって負荷がかかります。
したがって、何度もこまめに充電するのは避けたほうが良いでしょう。
できるだけ0%の状態から100%まで一気に充電することをおすすめします。

まとめ

以上、スマホのバッテリーの寿命を長持ちさせる方法を解説しました。
バッテリーの寿命は短くなるものですが、これらの方法を実践して少しでも寿命を長持ちさせてみてはいかがでしょうか。
また、当社ではスマホやパソコンからオリジナルグッズのデザインが簡単に作成できるWEBサービスを提供しています。
様々なグッズにプリントできるアイテムを多数ご用意しているため、お気に入りの写真やイラスト、デザインでオリジナルグッズの販売をお考えの方にもおすすめです。
興味を持たれた方は、お気軽に当社までお問い合わせください。