TOPIC

2019.10.18

スマホがメモリ不足の方必見!改善策をご紹介します!

スマホがメモリ不足の方必見!改善策をご紹介します!

xperiaがメモリ不足の方必見!改善策をご紹介します!

アプリをインストールしたり、写真や動画を撮ると、Xperiaの内蔵メモリの空き容量が減っていきます。
最終的に空き容量が少なくなると、処理が遅くなってしまいますし、新しいアプリのインストールや、データのダウンロードができなくなってしまいます。
そこで、Xperia XZ3を例に、内蔵メモリが少なくなった時の改善策をご紹介します。

改善策は?

では、メモリが不足した時はどのように解決すればいいのでしょうか。

削除する

いらないデータをとにかく削除しましょう。
いろんなアプリをダウンロードしていると、今は使わないものもあるはずです。
また、写真などもいらないものがあれば削除しましょう。
メモ代わりに撮ったスクリーンショットやぶれてしまった写真などは消してしまいましょう。

移動する

削除はしたくないけど、メモリを減らしたい!という場合は、データ移動をしましょう。
SDカードなどの外部メモリに移動することで、スマホの内蔵メモリに余裕ができます。

キャッシュを削除する

アプリや写真を消したのに、容量が少ないままだという方は、キャッシュを削除しましょう。
キャッシュというのは、頻繫に見るサイト情報などを、一時的に保存しておくデータのことです。
キャッシュを削除するには、「設定」からアプリの管理画面に進むと、アプリごとにキャッシュを消去できます。

アプリを使う

一括で容量不足を解消できるアプリがあるので、うまく利用しましょう。

新しいスマホを購入する

データがなくなったから、これを機に新しいスマホを購入する方も多くいらっしゃいます。
容量がなくなってしまった方は、ご検討してみてはいかがでしょうか。

Xperiaの動作が重い原因

Xperiaを使用している時に動作が重くなってしまう原因は、Xperiaの内蔵メモリにおける空き容量が少なくなってしまうことだと言われています。
逆に言えば、不要なデータを削除して、Xperiaの内蔵メモリ内の空き容量を増やせば、再び動作を速くできます。
内蔵メモリの空き容量を増やしても動作が変わらなかったという方は、Xperiaの動作へ速度を反映させるために、内蔵メモリ内のデータを整理した後、一度再起動しておきましょう。

てっとりばやく内蔵メモリの空き容量を増やすには、バックグラウンドで起動しているアプリを終了することがオススメです。
アプリを使うたびにマルチタスク画面を開いてアプリを削除することは手間なので、ついホームボタンを押すだけにとどめてしまう方は多いと思います。
その結果、終了されずに起動されたままのアプリが積み重なっていき、処理速度に影響を及ぼすことになるのです。

さらに、バックグラウンドで起動しているアプリを終了させれば、処理速度が速くなるだけでなく、バッテリーにかかる負荷が減って充電が減りづらくなるというメリットもあります。
動作が重くて、充電が減る速度が速いと感じている方は、バックグラウンドアプリによって、Xperiaの動作が遅くなっている可能性が高いです。

そもそも、アプリ自体の容量が大きいため、使わないアプリをアンインストールすることで、内蔵メモリ内の空き容量を増やせます。
日頃から、必要なアプリだけをインストールしておくようにしましょう。

内部ストレージに入っている画像や動画は、microSDカードやUSB、HDDなどの「外部記憶装置」、あるいはGoogleフォトやiCloud、OneDriveやDropboxなどの「クラウドサービス」に移しておきましょう。
思い出のある画像や動画はなかなか削除できませんが、内部ストレージ以外の場所に移動しておけば、削除しなくてもXperiaの動作を速くできます。

初期設定としてインストールされているニュースや天気などのウィジェットは、常に起動状態にあり、内蔵メモリを消費しているため、使用頻度の低いウィジェットは削除しましょう。

アプリ内にキャッシュが蓄積されると、Xperiaの動作に影響を及ぼします。
アプリだけでなく、ウィジェットもキャッシュを蓄積させるので、使わないウィジェットは削除しておきましょう。
また、アプリのキャッシュは設定画面から削除できるので、蓄積してきたら、ときどき削除しておくと良いです。

Xperia XZ3やXZ2の通信が切れるのはメモリ不足?スマートクリーナーの「ON」で改善する?

Xperia XZ3、XZ2、XZ2 Compact、XZ2 Premium、XZ1のユーザーから、通信関係のトラブルが報告されています。
例えば、アンテナピクトが4本立っていて電波は強いはずなのに、通信速度が遅い、そもそも通信できない、という報告です。

考えられる因果関係としては、内蔵メモリの空き容量が不足しているために、通信関係のトラブルが発生するのではないかと言われています。
その理由は、内蔵メモリの空き容量が不足していると、アプリが受け取ったデータを処理できず、電波に問題はないのに通信速度が遅くなったり、通信ができなくなったりしてしまうと考えられているからです。

確かに、Xperiaにおいて通信関係のトラブルが発生するアプリがある一方で、通信は問題なく使えるアプリもあるようなので、内蔵メモリの空き容量が原因である可能性は高いでしょう。
というのも、受け取るデータの量が少ないアプリは、内蔵メモリの残り少ない空き容量でも十分処理でき、通信に影響が出ない一方で、受け取るデータの量が多いアプリは、通信に影響が出ると考えられるからです。

また、内蔵メモリの不足だけでなく、アプリのキャッシュを自動的に削除してくれる機能である「スマートクリーナー」をOFFにしていることも、通信関係のトラブルを引き起こしている原因ではないかと言われています。
その理由は、スマートクリーナーをONにしていれば、スマートクリーナーがアプリのキャッシュを随時削除していってくれて、「いつの間にか大量のキャッシュが蓄積していた」という事態を引き起こさないで済むため、内蔵メモリの空き容量が不足しにくいと考えられるからです。

しかし、単純にスマートクリーナーをONにすれば良いという訳でもありません。
というのも、原因は不明ですが、スマートクリーナーをONにしていると、動作が遅くなったり、バッテリーの減る速度が速くなるという報告があると言われているからです。
そのため、スマートクリーナーをONにすることによって、Xperiaの動作が速くなるどころか、かえって動作が遅くなってしまうということも起こり得ます。

とはいえ、スマートクリーナーをONにすればXperiaの動作が速くなる可能性はある訳ですし、スマートクリーナーをONにしても動作が速くならなければ、再びスマートクリーナーをOFFにすれば良いだけなので、一度試してみることをオススメします。
Xperiaの場合、やり方としては、設定画面で「Xperiaアシスト」をタップすれば、スマートクリーナーの設定画面に行けます。

まとめ

今回は、Xperia XZ3の内蔵メモリの空き容量が少なくなった時の、改善策をご紹介しました。
内蔵メモリの容量が残り少なくなって、スマホにデータを入れられなくなってしまっては、とても不便ですよね。
不便になる前に、アプリやキャッシュを削除したり、データを移動して空き容量を増やしたりしておきましょう。


【国内最安】オリジナルスマホケース・iPhoneケース・Androidケース・オリジナルグッズを1個から格安作成|作り方も簡単で安い!オーダーメイドで即日お届けできるME-Q(メーク)
https://www.me-q.jp/topic/smartphone-3d
【日本最安で作れる!】オリジナルスマホケースやオリジナルグッズを格安価格で1個から作成・印刷。国内最大の品揃え。同人グッズ・ノベルティ・OEM・記念品・プレゼントでオリジナルグッズ作るならME-Q(メーク)がおすすめ。iPhoneやAndroidは手帳型ケース・ハード...