TOPIC

2019.9.29

布でスマホケースをハンドメイド作成!その方法をご紹介します!

布でスマホケースをハンドメイド作成!その方法をご紹介します!

布でiPhoneのスマホケースをハンドメイド作成!その方法をご紹介します!

「スマホケースを手作りで作ってみたい」
「スマホケースにはどんな種類があるのかな」
このようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、スマホケースをハンドメイドする方法や、ケースの種類についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

スマホケースをハンドメイドする方法

スマホケースを手作りするには、どうすればいいのでしょうか。

ハードケースに布を貼り付ける

いらなくなったハードケースや、100円均一ショップなどで売っているスマホケースを用意して、お好きな柄の布を貼り付ける方法です。
布は、薄手のものを使用することで、うまく貼りつきます。
手間があまりかからず、簡単に手作りできます。

厚紙を使って手帳型にする

ハードケースに厚紙と布を使って、手帳型にします。
中と外でデザインを変えたり、定期入れを付けたりして自分好みにカスタマイズしましょう。

オーダーメイドでスマホケース作成

自分で作るのが面倒な場合、オーダーメイドでケースを作ってもらうという方法もあります。
オーダーメイドにするメリットとしては、自分の好みや要望を反映できる可能性が高いことです。

もちろん上記のようなハンドメイドも良いですが、オーダーメイドだとより細かい部分にまでこだわったケースを手に入れられます。

当社では、オーダーメイドでスマホケースを作成できます。
例えば、このようなオリジナルグッズを作れます。

ミラー付きIC収納ケース
スマホケースを開けるとミラーとICカードが収納できるようになっているタイプです。

スパンコールケース
キラキラとしたスパンコールを詰めており、角度によってキラキラと輝く華やかさがあります。

ウッドケース
スタンダードな木目が人気の桜、または涼しげな印象の竹から選べます。

背景ミラーケース
背景が鏡になっているスマホケースです。
鏡がついているので、ちょっとした化粧直しやチェックなどに使えます。
このように、便利なスマホケースを、ご自分の好きなデザインにできます。

もしオーダーメイドのスマホケースをお考えの方は、ぜひ当社にご連絡ください。

手帳型iPhoneケースのメリットとは?

手帳型のケースとは、手帳や本の様な形をしたケースのことを指します
中にはカードを収納できるポケットがついているものが多く、定期券や身分証を入れておくと便利です。
男女問わず人気のあるケースの1つです。
ここからは、手帳型iPhoneケースにはどのようなメリットがあるかを挙げていきます。

1つ目は、画面を保護できる点です。
手帳型の場合、閉じている状態だとiPhone全体を守れるのが大きなメリットです。

そのため、画面保護フィルムを貼っていなくても画面を守れます。
もちろん貼っておくとより保護効果は上がります。
加えてカバンの中に入れている際に、中のもので傷つくこともないでしょう。

2つ目は、iPhone1つで外出可能という点です。
中のポケットにICOKAのようなICカードを入れておけば、財布を持たずして電車に乗れますし、現在はキャッシュレス化が進んでいるので、アプリにお金を入れたりマネーカードを持っていけば買い物もできます。

3つ目は、他の人に不意に画面を見られるのを防げる点です。
人にもよりますが、メッセージの通知が来て画面に表示された際に、他の人に見られるのが気になる場合もあると思います。
そんな時に手帳型のスマホケースの場合、閉じていれば画面を見られることはありません。
プライバシーを守りたい方にもおすすめです。

4つ目は、ケースのデザインや種類が豊富な点です。
種類が豊富な理由として、ケースの素材が挙げられます。
木や木目調、レザーや合皮のように様々な種類があるため、自身の好みの素材を選ぶと良いでしょう。
そこに多様なデザインが加わるので、さらに選ぶ幅が広がりますね。

手帳型iPhoneケースのデメリットとは?

次に手帳型iPhoneケースのデメリットを挙げていきます。

1つ目は、熱がこもりやすい点です。
iPhoneを含むスマートフォンは、長時間使用していたり負荷のかかるゲームや作業をしたりすると熱が発生します。
普通なら勝手に放熱してくれますが、手帳型の場合熱がこもりやすいため、放熱が遅くバッテリーに負荷がかかりやすいのが難点です。

2つ目は、カード類の磁気が故障することがある点です。
ケースのポケットにこれらのカードを入れていると、手帳型ケースのマグネット部分の影響で、クレジットカードのようなカード類の磁気が無くなってしまう場合があります。

そのため、クレジットカードはできるだけ財布に入れて持ち歩くことをおすすめします。

3つ目は、分厚くなってしまう点です。
手帳型ケースはどうしても厚みが増えてしまい、ポケットに入れづらくなってしまいます。
しかしその分iPhone全体を守ってくれるというメリットがあるので仕方ないですね。

4つ目は、片手では扱いづらい点です。
手帳型の場合、開け閉めの動作が必要かつ、その分厚さゆえ、片手で扱うのは難しいでしょう。
薄めのデザインの手帳型ケースもあるので、手が小さくて使いづらい方は特に検討してみても良いですね。

手帳型ケースってハンドメイドできるの?

今や、手帳型を含むスマホケースは幾多もの種類が販売されています。

しかし、自分好みのものが見つからないこともあるでしょう。
そんな時は「ハンドメイド」をして、自分好みの手帳型ケースを手づくりしみてみてはいかがでしょうか。
その方法をご紹介します。

1つ目は、100均素材でお手軽に作れる手帳型ケースです。
必要なものは、手帳型ケース、リメイクシート、ステンシルシートです。

まず手帳型ケースを使用し、リメイクシートを型紙に取ります。
そのリメイクシートがケースになります。
そしてステンシルシートで自分好みのデザインを転写すれば完成です。

2つ目は、ジーンズを用いた手帳型ケースです。
必要なものは、iPhoneのハードケース、ジーンズ、厚紙、グルーガンです。

まず、ハードケースを使用して厚紙の型を2つ取ります。
そして型を手帳ケースのように並べてから、同じくジーンズにも型を2つ取ります。

ジーンズの内側と型をグルーガンで貼り付け、端を内側に折り曲げてくっつけます。
次にカメラがある部分を切り抜き、2つのジーンズの型に合わせて貼ります。

そして手帳型ケースのように配置し、ビニールテープを使いながら両面テープで折り紙を貼っていきます。
最後にベルト部分を合わせ、内側にハードケースを取り付ければ完成です。

オーダーメイドでスマホケース作成をするには?

自分で作るのが面倒な場合、オーダーメイドでケースを作ってもらうという方法もあります。
種類としては、ミラー付きIC収納ケースやウッドケースなどが挙げられます。

オーダーメイドにするメリットとしては、自分の好みや要望を反映できる可能性が高いことです。
もちろん上記のようなハンドメイドも良いですが、オーダーメイドだとより細かい部分にまでこだわったケースを手に入れられます。
もし手帳型ケースのオーダーメイドをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

まとめ

今回は、スマホケースを手作りする方法、加えて手帳型ケースのメリットやデメリットについてもご紹介しました。
当社は、無料であなたのスマホやパソコンから、オリジナルグッズのデザインが簡単に作成できるサービスを提供しています。
お気に入りのイラストや写真などを入れて、さまざまなアイテムを作成していただけます。
ご興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせください。

こちらの関連商品をオリジナルで1個から作成頂けます。