TOPIC

2019.9.26

汚れにくいスマホケースとは?!お手入れ方法もご紹介!

汚れにくいスマホケースとは?!お手入れ方法もご紹介!

汚れにくいスマホケースとは?!お手入れ方法もご紹介!

「スマホを何年も使っていたら、汚れが目立つようになってきた」
「スマホの汚れが気になるから、汚れないようにカバーをつけたが、スマホカバーが汚れてしまった」

スマホの汚れが気になるという方は、多いのではないでしょうか。
スマホが汚れていると、清潔感がない印象になってしまうでしょう。
そんな方に、今回は汚れにくいスマホケースをご紹介します。

スマホは、ケースやお手入れの方法次第で汚れの程度が大きく変わるので、ケースや掃除方法について正しく理解しておくことが大切です。
スマホケースにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

汚れにくいスマホケースの例

では、汚れにくい、または汚れが目立ちにくいスマホケースをご紹介します。

まずは、ハードケースです。
ハードケースは、素材的に汚れが付きにくいです。
また、もし汚れがついてしまったとしても、お手入れ次第で綺麗にできます。

次に、色の濃いケースです。
デザインが濃いものであると、汚れが目立ちにくくなります。
ただし、色が濃い分、色あせてしまった部分は分かりやすくなってしまいます。

また、スパンコールケースも汚れが目立ちにくいです。
スパンコールでキラキラとさせているスマホケースは、汚れが目立ちにくいです。
何色を使うか、またデザインにもよりますが、スパンコールの視覚的な効果で汚れても目立ちにくいです。

最後に、白色のハードケースです。

白のケースは汚れが目立ちやすいと思われやすいですが、ハードケースだと汚れが目立たないのです。
しかし、ソフトケースであると黒、または茶色っぽくなってしまうことが多く、汚れやすいです。

スマホケースのお手入れ方法

汚れにくいスマホケースを選んだとしても、使用していると汚れてしまいます。
そのため、スマホケースのお手入れが大切です。

ソフトケースの場合

スマホケースを取り外し、乾いた布でふき取りましょう。
どうしても汚れが落ちなかったら、歯ブラシで磨いてみると綺麗になるかもしれません。

ハードケースの場合

ハードケースの場合でも、柔らかい布でふき取ります。
中性洗剤をしみこませ、硬くしぼったものであると、より汚れを落とせます。

革製ケースの場合

革の場合、から拭きでお手入れをします。
もし汚れが落ちなかったら、消しゴムで消してしまいましょう。

お手入れ方法を素材ごとに紹介します!

プラスチックのスマホケースによく使用される素材は、ポリカーボネート、シリコン、TPUの3種類です。
ここでは、それら3種類の素材ごとのお手入れ方法をご紹介します。

まずは、ポリカーボネートです。
この素材は、固いハード素材のプラスチックで、非常に頑丈です。
加工しやすいことが特徴ですので、多くのケースに使用されています。

汚れを落とす際には以下のように行いましょう。
この素材のケースが汚れる主な原因は手垢ですので、水に濡らした柔らかい布で拭き取ると、汚れは簡単に落ちます。
また、そうしても取れない汚れに対しては、中性洗剤をしみ込ませた布でこすると取れやすくなります。

ここで、ポリカーボネートは耐薬品性に優れていないため、薬品を使用して手入れするのは避けましょう。

次は、シリコンです。
シリコンは非常に柔らかい素材であるため、スマホを落とした場合に衝撃を吸収して守ってくれます。
この素材のケースは触り心地が良く、持ちやすいため人気がありますが、ほこりや黒ずみ、黄ばみなどの多くの汚れがつきやすいという特徴もあります。

まず、ほこりの落とし方としては、少量であればセロテープやクリーナーを使用して簡単に取れるでしょう。
付着したほこりの程度がひどい場合には、木工用ボンドを使用して汚れを固めて剥がすのがおすすめです。
この方法を使用する際は、ボンドが完全に乾燥するまで待ってから剥がすようにしましょう。

黒ずみを落とす方法としては、歯ブラシを使用すると良いでしょう。
汚れた部分に歯磨き粉や石鹸をつけて歯ブラシで優しくこすり、水で流して自然乾燥させます。
タオルですぐに拭きたい方もいらっしゃるかもしれませんが、タオルの繊維が付着してしまうことがあるので注意が必要です。

黄ばみの落とし方は、後ほど紹介します。

TPUは熱可塑性ポリウレタンという素材で、ポリカーボネートよりも柔らかくシリコンよりも固いという特徴があります。
そのため、シリコンのようにほこりが付着することがないという特徴も存在します。

しかし、この素材は黄ばみやすいという特徴があるので、以下の方法で黄ばみを落としましょう。

まず、酸素系漂白剤を1対1の割合で水に溶かしてケースをつけ込みます。
その後、日光に当てながらしばらくつけておきます。
最後に、ケースの汚れが落ちていたら、水洗いして乾かしましょう。

この方法を試しても汚れが落ちない場合は、ケースの劣化が原因ですので諦めるしかありません。
実際、黄ばみの原因はプラスチックの劣化であることが多いため、黄ばみの症状が出た時点でケースを買い換えるのも良いでしょう。

スマホケースの型ごとのメリットとデメリットとは?

スマホケースにはいくつかの型が存在しますが、その型にはそれぞれメリットとデメリットが存在します。
以下で紹介するメリットとデメリットを正しく理解した上で、どのケースを使用するか決めると良いでしょう。

1つ目の型は、ジェルケース型です。
これは最もよく見られる型で、種類が多いことが特徴です。
種類が多いため、自分にあったデザインのケースを選べるでしょう。
他のメリットとしては、かさばらないため持ち運びしやすいことが挙げられます。

一方、画面が守られていないため傷つく可能性があるというデメリットも存在します。
そのため、スマホを頻繁に落としてしまう方にはあまりおすすめできないケースです。

2つ目の型は、バンパー型です。
このケースは、窓枠のようにスマホの縁を覆う形状をしています。
メリットとしては、背面のデザインを見えるようにできることと、熱がこもらないことが挙げられます。
熱がこもらないため、ゲームを長時間する方や、頻繁に動画を見る方におすすめです。

しかし、背面が空いている分落とし方次第ではスマホに傷がついてしまうことが欠点です。
そのため、多くの人は背面を守るためにフィルムを貼っている傾向があります。

3つ目の型は、手帳型やブックケース型です。
この形状のスマホケースは、女性に人気があります。
そして、このケースには蓋が存在しているため、画面を保護する力が強いです。
また、カード入れがついていたり、自立できるようになっていたりするものもあるため、機能的にも優れています。

ただし、蓋の部分に使われている磁石がスマホに影響する可能性もあるため、注意が必要です。
また、電話やカメラが使用しにくいというデメリットも存在します。

まとめ

今回は、汚れにくいスマホケースの例をご紹介しました。
スマホが汚れないように、汚れにくいスマホケースを使用しましょう。
また、壊れにくく汚れにくいスマホケースを選ぶようにしましょう。

当社は、無料であなたのスマホやパソコンから、オリジナルグッズのデザインが簡単に作成できるサービスを提供しています。
お気に入りのイラストや写真などを入れて、さまざまなアイテムを作成していただけます。

今回の記事に関して何か気になることやわからないことがある方は、ぜひ一度お問い合わせください。
この記事がお役に立てたら幸いです。


こちらの関連商品をオリジナルで1個から作成頂けます。