TOPIC

2019.5.19

【衝撃に強いスマホケース】インパクトケースとは?

【衝撃に強いスマホケース】インパクトケースとは?

【衝撃に強いスマホケース】インパクトケースとは?

「衝撃に強いスマホケースが欲しい!」
「インパクトケースって本当に効果があるの?」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
誤ってスマホケースを落下させて、スマホが破損してしまった…。
このような事態にならないためにも、スマホケースはしっかりした製品を使用したいですよね。

今回はそのような方に向けて、耐衝撃性に優れたスマホケースを紹介します。
特に、使用される素材やインパクトケースに焦点を当てて話したいと思います。

スマホケースの種類

スマホケースには様々な種類があり、それぞれ特徴や魅力も異なります。
自分好みのスマホケースに出会うためには、スマホケースそれぞれの特徴や素材などを知っておくことが大切です。
ここではスマホケースの種類や素材、魅力をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ソフトケース

ソフトケースのスマホケースを使っている方は、多いのではないでしょうか。
ソフトケースの素材は柔らかいことが特徴で、ソフトケースに使われている素材にも種類がありますので、ここでは2つご紹介します。

1つ目の素材は、シリコンです。
シリコンは、抜群のフィット感が魅力の素材で、つけていてもかさばらないため多くの人から人気を集めている素材の一つです。
弾力性があるため衝撃を吸収してくれますが、伸びやすいので劣化が早いというデメリットもあります。

2つ目は、TPUです。
TPUは熱可塑性ウレタンの略で、ソフトケースの素材として、多く使用されています。
柔らかいプラスチックと呼ばれるほど柔らかいですが、強度も持ち合わせています。
また、加工もしやすく、素材自体をリサイクルしやすい素材として知られています。

一方で、耐熱性が低いため暖房の近くに置いておくと変形する場合があります。
また、薬品にも弱いので、マニキュアの除光液で変色する場合があるので注意が必要です。

手帳型ケース

手帳型のスマホケースは収納もできる上に、スマホ全体をカバーできるので愛用されている方も、多くいらっしゃると思います。
素材にレザーを使うことが主流である手帳型ケースの素材を、2つご紹介します。

1つ目は、本革です。
本革とは、鹿や牛などの動物の皮革のことを指し、柔らかく耐久性に優れていることが特徴として挙げられます。
また、本革は長い間使っていても劣化しにくく深い味わいが出ることもメリットです。

さらに、高級感もあり素材が柔らかいため、加工もしやすくおしゃれを楽しみたい方や周りの人と差をつけたい方にもおすすめです。
一方で、価格が高いことや、ものによっては本革のケースをつけたまま充電できないことがあるので注意が必要です。

2つ目は、PUレザーです。
PUレザーも、本革と同様に手帳型ケースの素材として多く用いられています。
PUとはポリウレタンのことを指し、本革に似せて加工した合成皮革です。
高級感もあり通気性が高いだけでなく、本革とは違い、水に強いことも魅力の一つです。

また大量生産がしやすく、安価なこともユーザー視点で考えると嬉しいポイントです。
しかし、PUレザーはPU樹脂を布に塗って加工したものであるため、本革と比べると弾力はありません。
また、革独自のツヤ感や質感なども本革と比較すると劣ってしまいます。

ハードケース

ハードケースは様々な素材が用いられており、特徴もメリットも素材によって異なります。
ここでは、ハードケースの素材を2つご紹介します。

1つ目は、ポリカーボネートです。
ポリカーボネートは、プラスチック素材のスマホケースの多くに使用されている素材です。
ガラスのような透明さが特徴で、強度も高く熱に強いなど様々なメリットがあります。
さらに、プラスチックですので加工もしやすく、デザインも豊富です。

一方で、衝撃には強いですが、薬品には弱いので注意が必要です。
溶剤やアルカリ性の洗剤などを使用すると劣化してしまいますので、使わないようにしましょう。

2つ目は、アルミ樹脂です。
アルミ樹脂の素材は、スマホ本体の素材にも似ているので統一感が出せます。
また、質感がメタリックであるため高級感がありスタイリッシュな印象を与えられます。
高い耐久性を誇る素材のため、頑丈なスマホケースが欲しい方におすすめです。

一方で、専用の金属加工が必要なため重くなりやすく、ケースそのものが高価になってしまうというデメリットもありますので、注意が必要です。

強いスマホケースとは?

スマホケースの耐衝撃性は素材によって大きく異なります。
ケースにはソフトケース、ハードケースの2種類がありますが、どちらも使用する素材を変えることで大きく耐衝撃性を向上させています。
では具体的にスマホケースを見ていきましょう!

シリコンケース

シリコンは柔らかさが特徴的な存在ですが、衝撃をしっかり吸収してくれます。
また、このタイプのケースは持ち運びがしやすく、様々な色味を取り揃えているので、一般的なスマホケースと同じように利用できます。

ポリカーボネートを用いたケース

ポリカーボネートとは、プラスチックの一種です。
この素材は軽くて持ちやすいにも関わらず、プラスチック特有の強度が特徴でガラスの250倍以上もの耐衝撃性を備えています。
デザインの種類も豊富なので人気のスマホケースですね。

TPU素材を用いたケース

TPUとは、熱可塑性ポリウレタンのことを意味します。
この素材の特徴は、シリコンとプラスチックの2つの特徴を兼ね備えていること。
シリコンほどではありませんが、柔軟性が特徴であり、さらにプラスチックのような強度を誇ります。
軽くて持ちやすく、着色も簡単なのでデザインが豊富なのも嬉しい点です。

インパクトケースとは?

インパクトケースとは高い耐衝撃性を備えたスマホケースのことを意味します。
このケースは主にTPUなど、上に挙げた素材を利用して作られています。
ここでは、インパクトケースの耐衝撃性の高さや、特徴、デザインをご紹介します。

本当に衝撃に強いのか?

確かに本当に効果がある製品なのかは気になる点ですよね。
製品によって性能は異なるので一概には言えませんが、インパクトケースの多くは日常生活で起こりうる衝撃には耐えられる作りになっています。
なかには、米軍が定めるMIL規格の基準を満たす商品も販売されています。
MIL規格とは、物品の耐衝撃性を図る基準であり、厳しい条件下に対応できる製品のみがMIL規格に認定されます。

特徴やデザインは?

TPUなどの素材を使用しているケースは軽く、持ち運びしやすい点が特徴です。
しかし、スマホ本体を守るためにケースは大きく設計されることが多いので、少々持ちにくいかもしれません。
デザインは一般的なケースに比べると選択の幅が狭くなってしまいますが、様々な色やデザインを選ぶことができますよ。

ガラスフィルムと保護フィルムの違い

スマホの液晶画面を保護するフィルムは、ガラスフィルムと保護フィルムの2種類に分けられます。
それぞれ特徴も違うため、ここではガラスフィルムと保護フィルムの違いをご紹介します。

1つ目は、ガラスフィルムは耐衝撃性に優れていることです。
ガラスフィルムは保護フィルムと比べ、厚みがあり耐衝撃性も高いです。
衝撃によってフィルムが割れる可能性はありますが、スマホ本体の画面に傷が入る可能性は極めて低いです。

2つ目は、光沢感の違いです。
ガラスフィルムは保護フィルムと比べると、光沢感があり高級感を演出できます。
また、ガラスフィルムは画面が曇って見えることがなく、色合いを保つことが可能です。

3つ目は、保護フィルムの種類が豊富なことです。
ガラスフィルムに比べて非常に種類が多いので、自分の好みに合ったフィルムを選ぶことが可能です。
また、覗き見防止加工などが施されているシートもあり、自分の好みに合わせてフィルムを選べます。

まとめ

当記事では、スマホケースの耐衝撃性やインパクトケースについてご紹介しました。
衝撃からスマホを守るために、スマホケースを使用される方も多くいらっしゃると思います。
スマホケースを選ぶ際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。


こちらの関連商品をオリジナルで1個から作成頂けます。