TOPIC

2021.10.01

2021年 初心者に今おすすめのMacBookモデルは?

2021年 初心者に今おすすめのMacBookモデルは?

アップル社の人気シリーズ MacBookシリーズいま買うならどの機種?

アップル製品の中でも熱心なファンが多いことで知られているMacBookシリーズですが、
MacBook Pro、MacBook Airなど毎年様々な機種がリリースされています。
高額な出費になりますし、長く使う方の多いMacBookですからよく考えてどれを買うか選びたいですよね。
そこで、今日の記事では現在おすすめのMacBookについて考察してみました。
ノートパソコン選びで迷われている方は、ぜひ今日の記事を参考にしてください。

それではおすすめの機種を紹介していきましょう。

MacBook Air M1

2021年現在、多くの人におすすめできるMacBookはMacBookAirです。
数年前まではお手頃で手に入れやすい価格のモデルなので大学生などライトなユーザー、エントリーユーザーにおすすめでしたが、
Apple独自のチップ、M1チップ搭載によってその性能は上位モデルのMacBookProとほぼ変わらないものとなりました。
そのため、あらゆるユーザーにおすすめできるモデルとなっています。

□MacBook Airがおすすめの理由は?

1.処理速度が速い
Appleの独自チップ、M1チップが搭載されることにより爆速な処理性能となったMacBook Air。
マック関連のブロガーや各種動画を見たことがある人ならご存じかもしれませんが、MacBook Airの性能は以前までのIntel製MacBookAirとはもはや比べ物にならないほどです。
Intel製MacBookAirは、処理性能がMacBook Proに比べると不足しており、動画編集、音楽編集などはできないこともないですが、処理速度が遅くなる。
といった感じでしたが、M1チップ搭載のMacBookAirはとにかくサクサクです。
もはやMacBookProは買う必要がないのでは?と多くの方が驚嘆するくらいの性能を持ち合わせています。
また、以前までのMacBook Airに比べて静音化も著しく、ファンが回転することも少なくなっています。
静かに作業したい方には嬉しいですよね。

2.値段が安く、薄くて軽い
MacBook Airは税込価格115,280円~と、大学生でもお手軽に手に入れることができるので、
初めて自分のMacBookを購入したいとお考えの方にはおすすめのモデルです。
M1チップ搭載でこの値段は驚きでした、Appleの底力を感じさせる人気製品です。
また、MacBook Airの厚さは0.41~1.61 cm。薄い部分になると0.5㎝未満という驚きの薄さ。
重量も1.29 kgと非常に軽量で女性でもかんたんに持ち運べるでしょう。

3.バッテリーの持ちが良い

M1チップ搭載のおかげでバッテリーの持続時間が大幅に伸びましたので、外出先での作業もバッテリーを気にすることなくすることができるのもメリットです。

MacBook Airのデメリットは?

一見欠点がないように見えるMacBookAirですが、長時間の重たい作業には向いていません。
短い時間であればM1チップの性能で重たい作業もこなせますが、長時間行うとMacBookAirにはファンがついてないので、
本体が熱くなって最悪の場合はアプリが落ちたりもします。

長時間の重たい作業をメインに考えているならこのあと紹介するMacBookPro13インチがおすすめです。
また、メモリが最大16GBまでしか積めないこともデメリットです。
しかし、32GB以降のメモリが必要な方はそう多くはいないでしょう。

MacBook Pro13インチ

続いて紹介するのはMacBookProですが、この機種には冷却ファンがついてますので、長時間動画の書き出しなどをしてもMacBookが熱くなりにくいです。
本体が熱くなりすぎると処理性能が落ちたりアプリが落ちてしまうことがありますので、まさにProといったところでしょうか。

重量は1.4 kgと軽量です。MacBookAirは1.29kgなのでその差0.11kgと、ほとんど同じです。
ディスプレイサイズもコンパクトで持ち歩きにも適しています。
ちなみに、本体サイズはMacBook Airと全く同じです。

□MacBook Proのメリットは?

MacBook Proはタッチパネルで様々な操作ができるTouch Barがついています。
実用性がないとも言われていますが、感覚的な操作ができるので地味に便利な機能です。
また、メモリを32GB以上積みたい方にもMacBook Proがおすすめですね。

□MacBook Proのデメリットは?

MacBook Pro13はMacBookAirに比べて価格がデフォルトモデルで3万円高くなっています。スペックはそれほど変わらないので、少しでも安くMacBookを買いたい方はAirで十分でしょう。