TOPIC

2021.8.13

iPadにApple Pencilは必要?不要?

iPadにApple Pencilは必要?不要?

Apple PencilはiPadに必要?

アップルのタッチペン、Apple PencilはiPadユーザーにとって本当に必要?
近年、Apple社の人気タブレット「iPad」を購入された多くの方が考えるのは、
「iPadを買ったらApple Pencilも必要かどうか?」ということではないでしょうか?
もともと、イラストや絵、漫画を描く目的でiPadを購入された方でしたら、
最初からApple Pencilありきで購入をためらうこともないかもしれませんが、
全く絵やイラストを描かない方の場合は他のタッチペンシルに比べて高価なApple Pencilを本当に購入する必要があるのかどうか?ちょっと悩んでしまいますよね。
そこで、本日の記事ではiPadを購入したユーザーにとってApple Pencilは本当に必要なのかどうか?
詳しく解説していきます。

Apple Pencilはどういった場面で使える?

Apple Pencilに関するシンプルな疑問として、どういった場面で便利に使えるのでしょうか?
仕事の会議のメモ、日記に、PDFなど資料への書き込み、画像編集、画像加工、お絵かき、etc…
普段の生活の中でも、Apple Pencilは絵を描かない方が便利に利用できるシーンは多々ありますし、
単純にiPadの操作補助デバイスとしても、とても優秀であることは確かです。

二種類のApple Pencil 対応機種が異なります

Apple Pencilには第1世代と第2世代の2つの種類が存在しています。
それぞれのApple Pencilは対応しているiPadのモデルも違いますので、
あなたの持っているiPadに合わせて対応するApple Pencilを購入するようにしてくださいね。
iPad Proは現在、Face IDに対応可能になりましたが、Apple Pencilも同時に刷新がなされました。
つまり、ホームボタンがiPadにあるならApple Pencil第1世代に対応。と覚えておいたら間違いないでしょう。
「ホームボタンがない場合は第2世代に対応」という認識でOKです。

Apple Pencil第二世代の魅力は?

アップル製品らしくホワイトを基調としたApple Pencilのデザインはおしゃれで美しく、マットな質感で高級感もあります。
円柱状ではなく1面のみ平らになっておりますので持ちやすい点も特徴的です。
また、Apple Pencil第二世代からはタッチセンサーを搭載、
タッチセンサーをダブルタップすることで、ツールを切り替えるなどできます。
ペンツールの消しゴムとペンの設定をボタンひとつで入れ替えることができますのでとても便利ですね。
また、Apple Pencilのペン先は分離させて付け替えもできますので、故障してもペン先のみ買い換えて使用することが可能です。また、重さも18gと軽く、長時間持っていても疲れにくい軽量の仕様となっています。

Apple Pencil第二世代はiPadに張り付け可能

初代のApple Pencilはペンのお尻の部分をiPadのLightning端子に刺しこむことで充電をすることができましたが、
見栄えが悪いとの指摘はありました。
しかし、第2世代Apple Pencilからは、iPadにひっつけておくだけで充電が可能です。
Apple Pencilを使用していない時にもiPadにくっつけた状態にしておけますので、充電切れの心配は第一世代よりも少なくなりました。
また、ペアリングもiPadにつけるだけで認識されますので格段に楽になりました。
ただ、磁力でiPadにくっつくとはいえ強力な磁石ではないので、
横から力を軽く加えるだけでも簡単に外れてしまうことがありますので注意しましょう。

どうやって使う?Apple Pencil

Apple Pencilはどういった場面で便利なのでしょうか?
まず、メモ書きの時にApple Pencilはとても便利です。
Apple Pencilは一般的なメモに書き込んでいく容量でメモをかんたんに取ることができます。
もしiPadがスリープ状態となっていても、Apple PencilでiPadの画面にタッチをすれば、
すぐメモ画面が出てきますのでご安心ください。
他にアプリを入れたら日記、手帳、スケジュール帳なども不要にすることができるでしょう。

まとめ

本日の記事ではApple社独自のタッチペン、Apple Pencilの利便性について解説しました。
ME-Q(メーク)では現在発売中のApple Pencil対応iPadシリーズならば全機種対応で、
高品質なオリジナルケースをお好きなデザイン、プリントで作成することができます。
今後新しくリリースされる最新iPad Proにも発表後すぐ専用ケースを開発していきますので、
ME-Qホームページの更新情報を見逃さないようにしてくださいね!