TOPIC

2021.4.01

オタ活って何?

オタ活って何?

オタ活って一体なんだろう?

最近「オタ活」という言葉をよく耳にしますが、オタ活って一体どのような活動のことを指すのかがわからない、、
といった方も多いのではないでしょうか。
そこで今日の記事ではこのオタ活について調査を実施してみました。
オタ活とはなにか?、オタ活の種類、オタ活にかかる費用などなど、オタ活の実態を網羅します。
これからオタ活を始めようという方は参考にしてみてくださいね!

オタ活を深く考えてみよう

1 オタ活とは?
まずオタ活とは「オタク活動」の略語です。
アニメ、アイドル、漫画、K-popなど、一般的にオタク的だとされる分野の活動のことを指し、
オタ活ではなく「ヲタ活」と表記される場合もあります。
では、このオタ活とは具体的にどのような活動のことなのでしょうか。

□オタ活とは何をするの?

一般的にオタ活とは応援する推しのアイドルのコンサートや握手会に足を運んだり、同人イベントへ参加する事などを指します。
しかし、近年ではこのオタ活の幅も広がっており、推しのブロマイド、写真やストラップなどのグッズを持参してカフェへ行って写真を撮ったり、
推しの名前が入ったキーホルダーを作るのもオタ活のひとつとされています。
広義の解釈では、推しへの愛を原動力として行動することは、全てがオタ活であると分類されます。

□オタ活の種類は?

ジャニオタ

オタ活の中でもここ日本で人口が最も多いと言われているのがジャニーズを応援する「ジャニオタ」です。
「嵐」「Hey! Say! JUMP」など有名グループから、デビューする前のジャニーズJr.を応援しているファンもいるでしょう。
そういった推しのコンサートには必ず参加して推しのグッズを持ち歩いて一緒に写真を撮ったり、自らがジャニオタであることを高らかにアピールするのがジャニオタのオタ活です。

LDHオタ

おなじみの「EXILE」等が所属する芸能事務所である「LDH」に所属するタレントを応援しているオタクをLDHオタといいます。
中目黒にLDHの事務所があるためLDHオタの中には中目黒にさえ行けば所属する推しのタレントと遭遇できるのではないかと期待している方もいるとか。
LDHオタは創作意欲が強いのが特徴で、推しのオリジナルグッズを自分で作るなどクリエイティヴなオタ活が盛んだと言えます。

K-POPオタ

韓国出身のアイドルグループを熱烈に応援するオタクのことをK-popオタと呼びます。
K-POPオタは推しだけではなく、韓国のファッションやコスメ、食文化など韓国の全てを愛している方も多いです。
推しが来日してイベントを開く際には必ず参加します。
Twitter、Instagramでは推し本人のSNSは勿論のこと、推しと関わる人のSNSも余すことなくチェックしたりと、SNSを最大限に活用して深く情報を得ています。
また、韓国語で推しにストレートな愛を伝えるため、独学で韓国語を勉強しているというのもK-popオタ独自のオタ活だと言えるでしょう。

アニメオタ

漫画、アニメなど2次元のキャラクターを愛するアニメオタクはここ日本では広く知られています。
また、キャラクターだけではなく推しの声優が演じるキャラを好きになって応援しがちという特徴もあります。
好きな作品に関しては自身が漫画を描いたり動画を作成したりと、二次創作を利用したオタ活が主流です。

地下ドルオタ

地下ドルとはテレビなどメディアでの活動よりもライブを重視したアイドルのことを指します。
こうした地下ドルに実際に会いに行ったり、ファンとの交流が盛んな地下ドルを応援する人のことを地下ドルオタと呼びます。
地下ドルはアイドルに比べてファンとの距離が近く交流が盛んなので、
時には推しに対してガチな恋愛感情を抱いてしまうようなこともあります。
チェキの枚数を地下ドルファン同士で競い合ったりCDを複数枚購入したりと、目に見える形で推しに尽くします。

オタ活におすすめのオリジナルグッズは?

□オリジナルアクリルキーホルダー

オタ活では推しの名前を入れたキーホルダーを作るのが定番です。
また、カバンの表面にクリアポケットがついていて、そこに缶バッジをつけたりぬいぐるみを入れたりし、推しへの愛をアピールできるオタバッグもオタ活にとっては必需品です。

□チェキホルダー
推しと共に撮影したチェキなどを収納できるチェキホルダーもオタ活に人気のアイテムです。
100均ショップなどで販売されている写真カードホルダーを、オタ活のチェキホルダーとして利用している方もいます。

□アクリルスタンド
推しのフィギュアなどをどこにでも飾れるアクリルスタンドは、オタ活をする方の間では人気グッズのひとつです。
「アクスタ」などとも略され、重ねて飾ることができる専用スタンドもあります。

まとめ

今日の記事では話題のオタ活と便利なオリジナルグッズについて解説いたしました。
ぜひメークでオタ活をもっと楽しくできるオリジナルグッズを作ってみてくださいね