TOPIC

2020.12.08

一個から作れる 手帳型スマホケース ハードケースオーダーメイド

一個から作れる 手帳型スマホケース ハードケースオーダーメイド

世界に一つだけのオリジナルスマホカバーを製作しよう

近年「世界に一つだけのオリジナルスマホカバーを製作してみたい」とお考えの方が増えてきています。
スマホは通話はもちろん、キャッシュレス決済や便利な各種アプリの使用にも、
毎日欠かせないアイテムですから、自分の好みにぴったりのお洒落なスマホケースが欲しくなってしまいますよね。しかし、使用している機種に適応するスマホケースがなかったり、売り切れてしまっていたり、
気に入ったスマホカバーが友人と被ってしまっていたりもします。
そうしたお悩みを解決してくれるのが、あなただけのオリジナルスマホカバー、オリジナルスマホケースです。

ハンドメイドでオリジナルのスマホケース・カバーを製作

スマホカバーをハンドメイド、リメイクしたい場合はどういった手法を取るのが良いのでしょうか?
かんたんな方法としては、まず土台となるスマホケースを用意しましょう。
100均ショップで販売されているような安いプラスチック製スマホケースや、布・革、合成皮革製の手帳型スマホカバーで十分です。
使用している機種がiPhoneシリーズの場合、プラスチック製のスマホケースは100均で安価で簡単に手に入るはずです。
ベースとなるスマホケースを用意できたら、あとはあなたのお好きな方法でデザインしていきましょう!
絵を描くのが得意な方でしたら直接スマホケースにイラストを描き込んでも良いですし、
マスキングテープを使用して装飾することもできます。

UVレジンを使ってスマホカバーをリメイク

UVレジンを使用したリメイク方法は人気があります。
UVレジンは紫外線を浴びると硬化するという特性を持っています。
このUVレジンもスマホカバーと同様に100均ショップで安価で購入することができます。
UVレジンを手に入れたらスマホカバーをリメイクしていきましょう。
そのためには「UVレジン」「UVライト」の2つが必要です。UVライトは紫外線=太陽の光で代用可能ですが、
より早く仕上げるにはUVライトを使用した方が良いでしょう。
なおUVレジンを用いてスマホカバーをリメイクする場合には、
布や革製のスマホケースを土台にすると、紫外線が通りにくくUVレジンが硬化しない場合がありますのでご注意ください。UVレジンを使用してスマホケースをリメイクする場合、プラスチック製のケースをベースに用いるのがおすすめです。

UVレジンを使ってスマホカバーをリメイクする手順は?

①デザインの決定
まずデザインを決めましょう。マスキングテープを用いて印をつけると、UVレジンを塗る際にわかりやすくなりますのでお勧めです。

②スマホケースにUVレジンを塗っていく
次に、スマホカバーにUVレジンを塗っていきましょう。
UVレジンを塗ることによって、スパンコールやビーズなどを用いてデコレーションする事もできます。
お好きな素材を使ってあなただけのオリジナルスマホケースをデザインしてみてください。

③UVライトを照射する
好みのデザインが出来上がったら、最後にUVライトをスマホカバーにあてて固めましょう。
UVライトを持っていない場合は、紫外線=太陽の光にあてて固めることもできます。

素材を使って手帳型スマホカバーを手作りする方法

素材から手帳型スマホカバーを手作りすることもできます。
その場合の主な素材は以下のようになります。
・布(表と裏用、計2枚)
・厚紙 またはクリアファイル
・プラスチック製スマホケース
・ベルトに使用する紐

これらの素材が準備できましたら、オリジナルのスマホケースを作成していきましょう。
この手順は以下の通りとなります。

①スマホケースの形に合わせて厚紙またはクリアファイルの型取りする
厚紙(またはクリアファイル)にスマホケースを乗せ、ペンや鉛筆で輪郭を縁取ります。その線をなぞり厚紙を切って型紙を作りましょう。こうして型紙を2枚作って、片方にはスマホのカメラ部分をなぞって穴を開けておきましょう。

②布に型紙を貼り付けて余分な部分をカットする
次に、表地の布の裏地に型紙を2枚貼り付けて、少し型紙よりも大きめに布をカットします。
この際、型紙に隙間を開けておきましょう。布をカットしたら、角部分に数本の切り込みを入れておきます。
裏地の布も同様に表地の布と同サイズで用意します。

③表地の完成
型紙から出た部分の布に接着剤をつけて内側に折ります。
そしてカメラ部分に切り込みを入れて、接着剤をつけ内側に折ります。

④ベルト部を固定、裏地をつける
表地ができたら、接着剤を布の片側につけてベルト部の紐を固定しましょう。
次に裏地はベルト部を挟むように型紙へと貼り付けます。
最後に裏地へスマホケースをつけて完成です。

もっと簡単に短時間でスマホケースを自作したい方は?

上記の方法では安価でハンドメイドのスマホケースを作る事ができますが、
人によっては材料を買いに行く時間や作業を手間に感じる方もいらっしゃるでしょう。
そういった方は、オリジナルスマホケースを製作する専門のサイトを利用すれば格段にお手軽に高品質なケースを作る事ができます。
ME-Qではスマホ一台だけあればどなたでもテンプレートに沿って進んでいくだけでオリジナルスマホケースをお一つからでも製作する事ができます。
弊社のようなオリジナルグッズ製作の専門サイトを作るメリットとしては、

1.印刷のミスがなく、細部まで市販のスマホケースと同等の高品質な物が作れる。
2.材料や工具を買わずにスマホ一台だけでオリジナルスマホケースを作成できるので効率的。
3.100均ショップでは売っていないような特殊な加工や凝った作り、素材にこだわったスマホカバーをベースとして、お好きなオリジナルスマホケースを作成できる。
4.販売目的でオリジナルスマホケースを作成される方にとって難しい大量のスマホケース作成も、オリジナルグッズ製作の専門サイトなら簡単!短納期で同等の品質のケースを作成できるため、数百個単位でもクオリティーのばらつきをなくす事ができる。

などが挙げられるでしょう。
特にハンドメイドで一からスマホカバーを製作すると、粗い作りになってしまったり、
時間をかけたのに満足のいくケースを作れないという可能性もありますが、
ME-Qではシミュレーターというシステムで仕上がりのイメージを事前に確認でき、
印刷ミスなどなく正確に精度の高いスマホケース作りができます。
手先の器用でない方はぜひME-Qのようなオリジナルグッズの専門会社をご利用ください。

ME-Qならお手持ちのスマホ機種に最適のスマホカバーが見つかる

特にカメラホールは複眼レンズの流行によって近年の高性能なスマートフォンでは複雑な形状がトレンドとなりつつあり、自作のスマホカバーでこうしたタイプのカメラレンズの形状に沿って綺麗に穴を開けることはなかなか困難ですが、
ME-QならiPhone 12シリーズのような複眼レンズのカメラホールも精密、
撮影時にもストレスを感じる事がありません。
また、アンドロイドスマホの人気機種に関してもME-Qではハードケース、手帳型スマホケースなどさまざまな種類のスマホケースが対応しており、
切り抜き作業や接着剤を使ってのデコレーションといった手間は一切かけずにデザインのみに集中して、あなたのお手持ちのスマホにぴったりのオリジナルケースを作成する事ができるでしょう。