TOPIC

2021.3.16

加湿器はウイルス対策になるの?使用上の注意点もご紹介

加湿器はウイルス対策になるの?使用上の注意点もご紹介

加湿器はウイルス対策になるの?使用上の注意点もご紹介

冬は寒さだけでなく乾燥が気になる季節です。
そのため部屋で加湿器を使われる方が多いでしょう。

また、冬はウイルス感染症が流行しやすく心配ですよね。
乾燥対策として利用する加湿器はウイルス対策にも有効なのでしょうか。
今回の記事では、そんな疑問にお答えします。

ウイルス対策には、加湿器を使うことが効果的

まず上述の疑問にお答えすると、湿度を上げることはウイルス対策に効果的です。
この事実は、理化学研究所のシミュレーションにより判明しました。
この実験では、室内で会話している時に口から出る飛沫の量を、湿度が違う2つの部屋で調べたのですが、その差は歴然としていました。

湿度30パーセントの部屋では、湿度60パーセントの部屋に比べて2倍の量の飛沫が1.8メートル先まで届いたのです。
湿度次第でこんなにも差ができてしまうのですね。

室内の最も適切な湿度は60パーセント程度と言われています。
湿度が低い部屋では会話を控え、定期的に換気を行うなどの対策をしましょう。
その際に加湿器を用いて湿度を上げても良いですね。
一方で湿度が高い部屋でも、机やテーブルなどの手が触れる場所はアルコール消毒を徹底し、ウイルス対策を行うと良いでしょう。

加湿器を使う際の注意点をご紹介

部屋の湿度を上げるのに効果的な加湿器ですが、使用時には注意が必要です。
ここでは、加湿器を使う時の注意点をご紹介します。

家庭用加湿器を使う際に注意したいのが、適切に水を交換し、清掃管理を行うことです。
加湿器の不適切な使用は、レジオネラ菌や緑膿菌の繁殖を招く可能性があります。
せっかくウイルス対策として加湿器を使っても、これらの菌を繁殖させてしまっては元も子もありませんね。
これらの菌は、高齢者の方や免疫力が低い方にとっては肺炎を発症する可能性があるものなので注意しましょう。

加湿器の役割はあくまでも換気の補助的なものであり、空気中のウイルスを完全に除去できるわけではないので、過信しないことが重要です。
水は水道水を使用し、毎日交換する必要があります。
また、週に1回はタンク内を消毒して清潔に保ちましょう。

まとめ

今回はウイルス対策として加湿器を用いることは有効なのか、という疑問にお答えしました。
室内の湿度はウイルス対策に効果的ですが、その手段としての加湿器を不適切に使用してしまうと、かえって菌の繁殖を招く危険性がありましたね。
正しい方法で加湿器を使用し、ウイルス対策を万全にして冬を乗り越えましょう。