TOPIC

2020.10.26

フェイスタオルが劣化する原因とは?使えなくなったら再利用を考えよう!

フェイスタオルが劣化する原因とは?使えなくなったら再利用を考えよう!

フェイスタオルが劣化する原因とは?使えなくなったら再利用を考えよう!

フェイスタオルが劣化して困っている方はいませんか。
フェイスタオルを長く使うためには、劣化する原因を知ることが重要です。
また、使えなくなったら再利用することがおすすめです。
今回は、フェイスタオルの劣化の原因と再利用方法について解説します。

フェイスタオルが劣化する原因とは?

フェイスタオルの劣化の原因は、乾かし過ぎ、洗い残し、生乾きの3つです。
ふわふわなフェイスタオルはある程度水分を含んでいます。
このタオルの必要な水分まで乾燥させてしまうとカサカサなフェイスタオルになってしまいます。
カサカサなフェイスタオルを洗顔後に使用すると、肌を傷つけてしまうこともあるでしょう。
洗い残しは、洗剤の量が適量でない場合や洗濯物を詰め過ぎている場合に起こります。
洗剤の量が多いと、フェイスタオルに洗剤が残ったままになっています。
洗剤が残ったままだとどうなるのでしょうか。
残った洗剤によって、フェイスタオルのふわふわ感を損ねてしまいます。
しかし、逆に洗剤の量が少ないと、フェイスタオルに付着した皮脂や汚れが十分に落ちず、細菌の発生にもつながってしまいます。
そのため、洗剤の量には十分気を付けましょう。
生乾きは、部屋干しをすることで発生する場合が多いです。
特に梅雨の時期では部屋干しが続くので、アイロンや乾燥機で殺菌しましょう。

フェイスタオルの再利用方法とは?

フェイスタオルの再利用方法は、子どもの食事用エプロン、タオルキャップ、雑巾、使い捨てシートなどがあります。
食器がうまく使えない子どもは、よく服を汚してしまいがちですよね。
フェイスタオルで子ども用エプロンを作れば汚れた口周りも拭けますし、そのまま洗濯できます。
フェイスタオルをタオルキャップにすれば、お風呂上がりなどにかぶり、顔のケアが楽にできるでしょう。
また、タオルキャップをつけたままドライヤーをすると、そのままドライヤーするより早く乾きます。
フェイスタオルを雑巾として再利用するのは最も一般的でしょう。
雑巾にすることで、床掃除などの際に重宝されます。
フェイスタオルをそのまま、または切ってストックしておけば、キッチンなどの油汚れを掃除する際に使い捨てシートとして利用できます。

まとめ

フェイスタオルの劣化の原因と再利用の方法をご理解いただけたでしょうか。
フェイスタオルは劣化を防ぐことで長く使用できます。
そして、劣化したとしても再利用すれば、さらに長く使用できますね。
このように、フェイスタオルを長く使用できるように工夫しましょう。