TOPIC

2020.8.31

靴ずれが痛い!シャワーサンダルの痛みを軽減する方法とは

靴ずれが痛い!シャワーサンダルの痛みを軽減する方法とは

靴ずれが痛い!シャワーサンダルの痛みを軽減する方法とは

夏の定番アイテムとなったシャワーサンダルですが、靴ずれに悩まされる方も多いのではないでしょうか。
靴ずれしてしまうことを恐れて、シャワーサンダルの購入を見送るのはとてももったいないですよね。
今回の記事では、シャワーサンダルで痛い思いをしないために、痛みを軽減する方法をご紹介します。

シャワーサンダルを柔らかくする方法

シャワーサンダルを履いていて靴ずれが起きてしまう原因は、サンダル自体が固いことが考えられます。
使用していくうちに素材が柔らかくなっていきますが、新品で素材がまだ固い状態では足にフィットしないため、靴ずれが起きやすいです。

使用し続けて素材をなじませることも方法の1つですが、できることなら新品のうちから靴ずれしたくないですよね。
そんな時は、金槌で叩いて素材を柔らかくするのがおすすめです。
金槌が家にない方もいらっしゃると思いますが、100円ショップで手軽に手に入れられます。
重たいものでなくても大丈夫なので、使い勝手の良い小さいサイズのものを選ぶと良いでしょう。

選ぶ基準ですが、素材は金属製のものをおすすめします。
プラスチック製の金槌も売られていますが、万が一プラスチックが欠けてしまった場合にサンダルの素材を傷つけるかもしれません。

シャワーサンダルの固さが原因で靴ずれに悩まされている方は、安全性に気をつけながら、ぜひ金槌で叩く方法も試してみてください。

きついシャワーサンダルをサイズ調整する方法

購入したシャワーサンダルのサイズが足に合わずにきつい状態でも、靴ずれを起こしてしまう場合があります。
「試し履きの時点では大丈夫でも、実際に履いてみたら思っていたのと違うかった。」ということもよくありますよね。
特に外反母趾(がいはんぼし)などで足の横幅が一般的な方よりも広い方は、なかなか自分の足にあったサイズの靴が見つからないことが多いと思います。

お気に入りの靴を買ったのに、足のサイズに合わないことが原因で手放してしまうのは非常にもったいないです。
そんなときはシューストレッチャーを使ってみましょう。

シューストレッチャーは、靴の中に入れることで素材を伸ばせる商品です。
靴に入れて半日程待つだけで靴のサイズが広がります。
1つ買っておけば様々な靴にも使えるので、持っておいて損はないでしょう。

まとめ

今回は、シャワーサンダルの靴ずれを防止する方法をご紹介しました。
少し手間を加えるだけで、まるでオーダーメイドかのように履き心地の良い靴に生まれ変わりますので、ぜひ試してみてください。