TOPIC

2020.7.20

頑丈で落としても安心!おすすめのスマホケースのタイプを紹介します

頑丈で落としても安心!おすすめのスマホケースのタイプを紹介します

頑丈で落としても安心!おすすめのスマホケースのタイプを紹介します

「さまざまなスマホケースがあるけど、どれを選んだら良いかわからない」とお悩みの方はいませんか。
スマホの種類が増えるにつれて、違った機能を持つスマホケースが登場してきました。
そこで今回は、スマホケースの選び方と、代表的なスマホケースの特徴を紹介します。

スマホケースの選び方とは

スマホケースを選ぶ際は、3つの観点を大切にすると良いでしょう。

1つ目は、防水規格です。
防水規格とは、水中でどれだけ使用できるかを示した基準値です。
I P X0~8まであり、4は生活レベルに対応しており、8は短時間であれば、水中で利用できるでしょう。

2つ目は、防塵(ぼうじん)規格です。
これは、チリやホコリなどをどれだけ防げるかを示した基準値です。
I P0~6まであり、数字が大きいほど、防塵性が高いです。
5以上であれば、粉塵が内部に侵入することを防げるでしょう。

3つ目は、防衝撃性能です。
これは、いかにスマホケースが頑丈であるかを示した性能です。
M I L規格に対応しているスマホケースであれば、山登りやトレイルなどの本格的なアウトドアで使用でき、激しい気温の変化にも対応できます。
したがって、それらの活動を行う方には防衝撃性能を備えたスマホケースが適しているでしょう。

スマホケースの具体例について

ここでは、代表的な3種類のスマホケースの特徴を紹介します。

まずは、ソフトタイプです。
これはシリコンやT P Uからできており、名前の通り柔らかいスマホケースです。
安価でデザインが豊富で、柔軟性がある点がメリットでしょう。
しかし、シリコンであれば汚れが目立ちやすいという欠点があります。

次は、ハードタイプです。
ハードタイプには、プラスチックやアルミ製、木材製のスマホケースがあります。
ハードタイプは、硬い質感が特徴的であり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
例えば、アルミ製のスマホケースは持久力がある一方、衝撃を吸収しないため保護力に問題があるでしょう。

最後は、手帳型です。
手帳型は、スマホの背面と側面だけでなく、前面も保護するスマホケースです。
材料には皮や布が使われており、デザインが豊富です。
前面も保護する分かさばってしまいますが、カードの収納スペースがあることや、ものによっては鏡がついていることがメリットでしょう。

まとめ

今回は、スマホケースを選ぶ際の基準と、代表的なスマホケースの特徴を紹介しました。
紹介した中には、あまり気にしていなかった特徴があると思います。
スマホケースにはさまざまな種類があるため、自分の生活や環境にあったスマホケースを選ぶようにしましょう。