TOPIC

2020.2.29

手帳型のスマホケースはどんなメリット・デメリットがあるの?詳しく解説します!

手帳型のスマホケースはどんなメリット・デメリットがあるの?詳しく解説します!

手帳型のスマホケースはどんなメリット・デメリットがあるの?詳しく解説します!

スマホケースは種類が多く何を選んでいいかわからない方がいらっしゃるかもしれません。
そんなときは手帳型のスマホケースを検討してみてはいかがでしょうか?
ここでは、手帳型のメリットとデメリットを詳しく解説します。

手帳型のメリット

手帳型スマホケースにはさまざまなメリットがあります。
まず、画面全体を保護できることです。
手帳型スマホケースはカバーを折りたたむ形をしているので、画面全体を覆えます。
そのため、うっかり手が滑って落としてしまっても画面全体をケースで覆っているため、簡単に画面が割れることはありません。
画面に保護シートを貼っておくと、画面が割れる確率はさらに下がるでしょう。

次に、手帳型にはカードを収納できるスペースがあります。
ほとんどの手帳型スマホケースにはカードを収納できるスペースがあります。
交通系のカードやクレジットカードなど決済ができるカードを入れておくことで、財布から取り出す手間を省けるでしょう。
しかし、スマホの磁気の影響でクレジットカードなどが使用できなくなる場合があります。
そのため、磁気の影響が少ないケースを選ぶようにしましょう。

これら以外にもスマホを支えられるスタンド機能があり、どこでも快適に動画視聴ができるでしょう。
また、ミラー付きのケースもあるので、ミラーがなくて困ったということもなくなり、すぐに身だしなみを確認できます。

手帳型のデメリット

手帳型には上記で述べたメリットもある反面、いくつかのデメリットも存在します。
まず、手帳型では他のスマホケースよりもかさばってしまいます。
手帳型は折りたたみ式のため、他のスマホケースよりも厚みがでてしまうからです。

また、劣化のしやすさもデメリットとして挙げられるでしょう。
手帳型スマホケースでは素材として皮や布を使用しているため、傷や汚れなどですぐ劣化してしまいます。
そのため、他のスマホケースよりも劣化した部分が目立ちやすくなります。
これら以外にも、開いたカバーが邪魔になり片手での操作がしにくくなるかもしれません。
また、スマホ全体を覆うため他のスマホケースよりも熱がこもりやすくなります。

まとめ

今回は手帳型スマホケースのメリットとデメリットについて解説しました。
手帳型ではスマホの保護や持ち物を削減できるなどのメリットがあります。
一方で、操作性や持ち運びの悪さなどのデメリットもあります。
当社では手帳型はもちろん、それ以外も取り扱っているので、ぜひチェックしてみてはいかかでしょうか?