TOPIC

2020.1.24

iPadケースの素材って何があるの?業者が解説します!

iPadケースの素材って何があるの?業者が解説します!

iPadケースの素材って何があるの?業者が解説します!

「iPadのケースってどんな素材のものがいいのかな?」
「素材によってどんな違いがあるのか知りたい。」
このように考えている方はけっこういるのではないでしょうか。
iPadのケースを選ぶときに素材にこだわりたい方は多いと思います。
そこで今回は、iPadのケースの素材についてご紹介します。

iPadケースの素材の種類

現在iPadのケースにはさまざまな素材が使用されていますが、
今回は、主流になっている以下の3つの素材についてご紹介します。

レザー

まずは、レザーです。
レザーには本革とPUレザーなどのフェイクのものが存在します。
これらの違いはあまり認知されていないのではないでしょうか。
本革とは、動物から取れた皮を使用しているものを指します。
非常に高級感があり、使っていくうちにだんだんと風合いが変わっていきます。
この変化を味わえるのは本革ならではのメリットになります。
しかし、本革は他の素材のものと違い、手頃な値段ではありません。

この本革に対し、フェイクレザーは合成繊維などで作られたものを指します。
おしゃれなものが多く、手頃な値段で手に入ります。
本革と比べあまり長持ちしないので、またすぐに買い換えるだろうという方におすすめです。

シリコン

この素材はとても柔らかいので衝撃を吸収することに優れています。
そのため、ケースとしてのiPadの保護する役割をしっかり果たします。
また、柔らかいので取り外すときに力を入れる必要がありません。
ホコリなどのゴミが付着しやすいというデメリットがありますが、その分、グリップ力があり、落としにくいというメリットも持っています。
さまざまな色、デザインのものが販売しているのできっとお気に入りのものが見つかるでしょう。

プラスチック

プラスチックが使われたものは耐久性に優れたケースになっています。
さらに最近は防水性能まで持っているものが販売しているので、しっかりiPadを守りたいという方には非常におすすめの素材です。
なかでもポリカーボネートという種類は、耐久性はもちろん、とても軽いという特徴も持っているので非常におすすめです。
また、プラスチックのケースは透明なものが多いので、スタイリッシュさを維持したままiPadを保護できるでしょう。
しかし、弱点もあり、強い衝撃に耐えきれないことがあります。

まとめ

ここまでiPadのケースの素材についてご紹介してきました。
ケースに使用されている素材のそれぞれの特徴を知っていただけたでしょうか。
他のもいろいろな素材が使われているので調べてみると面白いかもしれません。
当社ではこの他にもさまざまなアイテムを取り扱っています。
ぜひお気軽にご利用ください。