TOPIC

2019.12.27

Airpodsが充電されない!?修理の前に試してほしい対処方法

Airpodsが充電されない!?修理の前に試してほしい対処方法

Airpodsが充電されない!?修理の前に試してほしい対処方法

Airpodsが充電されない!?修理の前に試してほしい対処方法

「Airpodsが充電できなくなった。」
「充電されないから修理するべきかな。」
Airpodsを充電しようとしたときにできない方もいらっしゃいますよね。
このようなときAirpodsが故障したと考える方がほとんどだと思います。
そこで今回は、Airpodsが充電されないときの対処方法をご紹介します。

対処方法

対処方法の前にしっかりと差し込んでいるかを確認してください。
接続できていなかった場合があります。
それでもAirpodsの充電が上手くいかないときは以下のような対処方法を試してみましょう。

充電の差込口を確認

充電が上手くいかないとき多くの場合、原因は充電ケースにあります。
充電ケースを持ち歩いている方は多いのではないでしょうか。
実は、持ち歩いているうちに差込口の部分にホコリが入る可能性があります。
こういったホコリやゴミが充電の妨げになっているかもしれません。
そのため、一度差込口を掃除しましょう。
掃除のときにはエアーダスターをおすすめします。

端子部分の確認

充電ケースのなかの端子に問題がある可能性があります。
とくに一方は充電できるが、もう一方が充電できない場合、ここが原因である可能性が非常に高いです。
先程の差込口と同様に端子周りにゴミやホコリが溜まっているかもしれません。
こちらもエアーダスターで掃除しましょう。
爪楊枝なども掃除におすすめです。

末端部分の確認

充電ケースを掃除しても充電されないことがあります。
この場合、ケースではなく、Airpods本体の充電する端子に原因がある可能性があります。
こちらもエアーダスターを使い掃除しましょう。
他にはアルコールが染みたティッシュなどもおすすめです。

対策

先程Airpodsが充電されないときの対処方法をご紹介しました。
ほとんどの場合、原因はゴミやホコリなので掃除することで解決します。
しかし、またカバンやポケットに入れて持ち歩くと、繰り返し同じことが起きてしまうでしょう。
そこで対策として、ワイヤレス充電器の使用をおすすめします。
無線で充電するので接続部分にゴミが入ることもありません。
さらにケーブルを差し込む手間もなくなります。

ME-QではAirpodsを1個からオリジナルプリント可能です。

Airpodsケースをオリジナルで作成可能(1個からOK)

※こちらはお客様の制作事例です。

オリジナルを980円(税込)から作成可能!

オリジナルプリント可能な様々なAirPodsケース充実!1個から注文可能です。
AirPodsの収納と保護に最適なケースをご用意しております。すべて、オリジナルプリント可能な商品です。

詳細はこちらからご覧頂けます。

まとめ

ここまでAirpodsが充電されないときの対処方法をご紹介してきました。
ご紹介した方法を試して充電できるようになったでしょうか?
それでも充電できない場合はApple代理店に持っていきましょう。
購入から1年以内だとレシートを持っていくことで交換してくれます。
長い間使うためにも普段から手入れと掃除をしましょう。