TOPIC

2019.12.26

Airpodsのバッテリーは長持ちするのか?駆動時間や長持ちのコツを紹介

Airpodsのバッテリーは長持ちするのか?駆動時間や長持ちのコツを紹介

Airpodsのバッテリーは長持ちするのか?駆動時間や長持ちのコツを紹介

「Airpodsのバッテリーはどれくらい持つのだろう。」
「長持ちさせる方法とかあるのかな。」
けっこう多くの方がAirpodsで音楽を聞いていると思います。
では、皆さんはAirpodsのバッテリー時間をご存知でしょうか?
今回は、Airpodsのバッテリーの駆動時間や長持ちのコツをご紹介します。

Airpodsのバッテリーの駆動時間

Airpodsのバッテリーの駆動時間は、次のようになっています。
何回か充電しながらの場合:24時間以上音楽や動画を再生、18時間以上の通話が可能。
1回最大まで充電した場合:最大5時間の音楽や動画の再生、また3時間の通話が可能。
15分だけ充電した場合:最大3時間の音楽や動画の再生、また最大2時間の通話が可能。

ちなみにAirpods Proの駆動時間は、以下のようになっています。
何回か充電しながらの場合:24時間以上音楽や動画を再生、18時間以上の通話が可能。
1回最大まで充電した場合:最大4.5時間の音楽や動画の再生、また3.5時間の通話が可能。
5分だけ充電した場合:だいたい1時間の音楽や動画の再生、通話が可能。

バッテリーの残り駆動時間についてですが、Airpodsはバッテリーの残量が少なくなると、音で知らせてくれます。
電源が切れる前にも2回音がなります。

バッテリー長持ちのコツ

バッテリーの駆動時間を延ばすため、様々なポイントがあるので参考にしてください。

アップデート

アップデートには電力消費を抑えるための技術が含まれている場合がけっこうあります。
電力消費が減少することで充電回数が減り、結果バッテリーが長く持つということです。

適切な温度

バッテリーの動作できる温度の範囲の限界は60度くらいと言われています。
そのため、周囲の温度が35度を超えないことが大切になります。
温度が高いところで充電すると、熱が負荷となり、バッテリーに損傷を与えるかもしれません。
保管する場合も高温なところは避けるようにしましょう。

50%で保管

長い期間保管する場合、充電はだいたい50%くらいで保管してください。
バッテリーの残りがほとんどない状態で保管すると今後使用するとき、充電された状態を維持できなくなります。
逆にフル充電の状態で保管すると、バッテリー容量を少し失って駆動時間が短くなるでしょう。

まとめ

ここまでAirpodsのバッテリーの駆動時間や長持ちのコツについてご紹介してきました。
バッテリーを長持ちさせるためのコツを知っていただけたでしょうか?
ご紹介したポイントに注意し、Airpodsのバッテリーを長持ちさせましょう。