TOPIC

2019.2.13

オリジナルスマホケースのデザイン素材について

オリジナルスマホケースのデザイン素材についての写真

オリジナルスマホケースのデザイン素材について

お気に入りのスマホケースと出会えない。
スマホケースのデザインが限られていて、飽きてしまった。

こんなお悩みを解決できるのがオリジナルのスマホケースです。

オリジナルのスマホケースは最近、人気が出始めていて簡単に作れるようにもなってきました。
オリジナルのケースを作るときにまず考えることはデザインだと思います。デザインは自分の思いつくように作ることで完成します。

しかし、オリジナルスマホケースを考えるときに必要なことはデザインだけではありません。
素材についても考えなければなりません。

そこで今日は素材についてご紹介しようと思います。

スマホケースに何を求めるのかを考える

どのような素材にするのかを考える前にまずは、スマホケースに何を求めるのかを考える必要があります。

スマホケースには様々な種類がありそれぞれに適した使い方があります。
例えば、スマートフォンを衝撃やキズから守りたいだけの人と鏡を付けたりして機能性を持たせたい人では必要なスマホケースが異なってきます。

スマホケースに何を求めるのかを考えたら次に素材を選んでいきます。
今回は代表的な素材を紹介します。

ハードケースにデザインする

1つ目は、ハードケースです。

ハードケースはシンプルに周りを覆うだけのケースです。
色も単色や透明な物が多いです。
このケース単体で使うと質素な雰囲気がありますが、何もデザインを施されていない分オリジナリティを存分に発揮することができます。

また、ケースがシンプルな分元の値段が比較的に安いです。ケースが安い分、他のデコレーションにお金を使うことができます。

手帳型ケースを素材にする

次に紹介するのが手帳型のスマホケースです。

手帳型の良い点としては、画面も守ることができることやポケットのあるものだとカードを収納できたり、鏡を付けたりすることができます。

これらは機能性として良く考えられる点なので、一度考えてみてください。

さらにデザインとしてはデザインを施せる場所が多いので、大きな画像を使いたい人や様々な素材を並べたい人におすすめです。

スマートなデザインにしたい方へ

最後に珍しいスクエア型のケースを紹介します。

スクエア型のケースは四角形のケースです。
ケースに良く見られるのは四方が丸みを帯びているものが多いですが、スクエア型は四角です。
普段あまり見ないデザインにしたい方、スマートなデザインにしたい方におすすめです。

まとめ

今日はスマホケースの定番素材を紹介しました。
この他にも様々な素材があるので、使いやすくオリジナリティのあるスマホケースのためにも調べてみてください。

対策キーワード: スマホケース,デザイン,素材

記事を読む人の背景: スマホケースを自分で作りたい。

なにを伝えたいか: スマホケースの素材について

タイトル:オリジナルスマホケースのデザイン素材について