TOPIC

2020.6.12

モバイルバッテリーは発火・爆発する?オリジナルモバイルバッテリーは安全?

モバイルバッテリーは発火・爆発する?オリジナルモバイルバッテリーは安全?

モバイルバッテリーは発火や爆発の危険性がある?

スマートフォンのユーザーにはもはや必需品となっているモバイルバッテリーですが、
皆さんはモバイルバッテリーの発火や爆発といった事故のニュースを目にしたことはないでしょうか?
モバイルバッテリーに使用されているリチウムイオン電池には、こうした事故の例が複数ありその危険性が問題視されてきました。

リチウムイオン電池はなぜ危険?

モバイルバッテリーに使われるリチウムイオン電池は内部に多大なエネルギーを溜め込むことができるので大容量の充電が可能なのですが、そのエネルギーが回路の不良などによって外に向かって発火や爆発してしまうというケースが多くみられました。
また、新規参入が難しいスマホとは違い、モバイルバッテリーは構造自体は単純なため粗雑な作りのモバイルバッテリーが市場にあふれたことも、こうした事故の原因の一つでした。

安全なモバイルバッテリーって?

モバイルバッテリーの事故が相次いだため、2019年から現在にかけては「PSEマーク」がある安全性をテストによって担保されたものだけが事実上、販売できるようになっています。
モバイルバッテリーはとても便利ですが、特に小さなお子さんやペットがいらっしゃるご家庭などでは、発火や爆発といった事故があると聞くと心配になってしまいますよね?
もちろんME-Qで取り扱っているオリジナルモバイルバッテリーは薄型や大容量タイプ、様々なモデルがありますがこれらは全てPSEマークを所得した安全性の高い製品ですので、
安心してオリジナルデザインでモバイルバッテリーを制作してくださいね!

危険なモバイルバッテリーのチェックポイント

安全なモバイルバッテリーを見分けるには、まず第一には「PSEマーク」の有無が重要です。
以前はPSEマーク」がモバイルバッテリーを販売する上でも義務づけられていなかったので、
数年前のモバイルバッテリーになると、このマークがついていないものも一般的に販売されておりました。
こうした安全性が保証されていないモバイルバッテリーは使わないに越したことはありませんが、
どうしても使用する必要のある場合は、十分に気をつけてくださいね。

まとめ

今日の記事ではモバイルバッテリーの危険性、あんぜんなもbアイルバッテリーの見分け方について解説いたしました。
モバイルバッテリーはある程度の熱は構造上、持ちますが手で触っていられないほどの高温になっている場合は要注意です。
安全性の保証されていないモバイルバッテリーはなるべく使用しないようにしてくださいね!