TOPIC

2021.4.03

iphone12のカメラ性能について解説します!

iphone12のカメラ性能について解説します!

iphone12のカメラ性能について解説します!

現代のスマートフォンの発達は著しくiphone12に搭載されたカメラの性能は本格的なもので星空も撮影できます。
超ハイスペックのiphone12のカメラには他にもどのようなスペックがあるのか気になりますよね。
そこで今回は、iphone12のカメラ性能について解説します。

iphone12のカメラ性能についてご紹介!

iphone12/12miniには、カメラが2つ付いており、広角、超広角機能が付いています。
さらに、iphone12 Pro/Pro Maxにはもう一つレンズが付いており、望遠の機能が搭載されています。
そこで、具体的にどんな性能があるかご紹介します。

iphone12の画質は?

画質を図る指標の一つが画素数ですが、画素数とは光をデジタル信号に変える、映像の粒のことです。
画素数が多いほど、繊細なきれいな画質になります。
iphone12の画素数はiphone11と変わりはないですが、カメラ機能の向上でさらに綺麗な写真が撮れます。

新機能のLiDERスキャナとは?

光を使って距離を測定する技術の「LiDERスキャナ」を搭載することで、離れた場所でも正確な奥行きを把握できます。
したがって、FaceIDの向上や、一眼レフで撮影したように背景をきれいにボカせるため、ポートレート写真も綺麗に撮れます。

iphone12とiphone12 Pro Maxの違いは他にあるの?

iphone12とiphone12 Pro Maxには、カメラレンズの個数以外に何か違いがあるのでしょうか。
公式サイトを見ても専門用語ばかりで難しいですよね。
ここからは、その違いについてわかりやすく説明します。

ズバリ、双方の違いはカメラのセンサーにあります。
iphone12 Pro Maxはボディを大きくすることで、従来品より大きなイメージセンサーを搭載することに成功しました。
イメージセンサーが大きいと嬉しいことがたくさんあります。

まず、シャッターを押したときに、カメラレンズがより多くの光を取り込んで写真全体が明るくなります。
そのため、暗い場所でも被写体を綺麗に撮れたり、星空を撮影したりできます。
また、センサーが大きいと画像の強調したい部分がきめ細かく表現され、画質が改善されます。
iphone12 Pro Maxで写真撮影するとこれらの利点がすべて反映されます。

他にも、センサーシフト式の手ぶれ補正機能を搭載しています。
これは、本格的な一眼レフにも用いられている手ぶれ補正機能でも同様のものが見られます。
このように、iphone12 Pro Max一つあれば本格的な写真撮影ができます。

まとめ

今回の記事では、iphone12のカメラ機能について解説しました。
SNS映えが流行している現代だからこそ、このようなカメラ機能の向上が見られるのでしょう。
新しいiphone12を購入するときには、キズや衝撃から守るためにもカバーも一緒に購入することをおすすめします。