TOPIC

2020.9.09

ジムでマスクをしていると苦しい!低酸素トレーニングの効果はある?

ジムでマスクをしていると苦しい!低酸素トレーニングの効果はある?

ジムでマスクをしていると苦しい!低酸素トレーニングの効果はある?

新型コロナウイルスの感染拡大によって、マスクの着用を義務付けているジムが多いです。
運動しているとただでさえ呼吸が苦しくなりますが、マスクをしていると尚更苦しくなりますよね。
今回は、マスクが運動に与える影響について解説します。

低酸素トレーニングの効果はあるのか

マスクをしていると呼吸で取り入れられる酸素の量が少なくなり、低酸素トレーニングと同じような効果が得られると思っている方は多いのではないでしょうか。
実は、呼吸が苦しくても低酸素トレーニングと同等の効果は得られません。
一般的に、低酸素室でのトレーニングは室内の酸素濃度をコントロールして制限しています。
そのため、トレーニングを行う人は徐々に低酸素状態に順応できるようになり、低酸素トレーニングの効果が得られるのです。

しかし、マスクを着用してのトレーニングは、単に普段よりも少ない量の空気で呼吸するだけであり、肺に取り込まれる酸素の濃度は普段と変わりません。
そのため、低酸素トレーニングを行いたい場合はやはり低酸素室で行うのが良いです。

しかし、マスクを着けてのトレーニングはパフォーマンスの向上に効果があると言われています。
マスクを着けていると、肺に流れる空気の流れが制限されて苦しく感じますよね。
その状況の中で肺は普段取り込む量と同じ量の空気を得ようとするため、より強い力で働きます。
これにより、横隔膜と肺の機能を向上させる効果が期待できるでしょう。

頭痛に苦しめられる可能性も

マスクを着けてのトレーニングは、頭痛を引き起こすこともあります。
これは、取り入れる酸素量が減ったことによって、酸素を多く得ようと血管が膨張して神経を圧迫することによって起こります。
飛沫防止効果の高いマスクは酸素を取り込める量が少なくなりますから、その分頭痛が起こる可能性も高くなるでしょう。

逆に、呼吸のしやすいスポンジ性のマスクは頭痛が起こりにくいと言えます。
しかし、感染症専門医によるとスポンジ性のマスクは飛沫感染に対する効果がほとんど見られないそうです。
頭痛があるのに無理をして着けるくらいなら、外してしまった方が良いかもしれませんね。

また、マスクのゴムの部分がこめかみにある側頭筋の神経を刺激することによって頭痛が起こるとも言われています。

まとめ

今回は、マスクをしながらの運動が与える影響をご紹介しました。
苦しいですが、将来的にはパフォーマンスの向上が期待できるため悪いことばかりではないようです。
しかし、苦しすぎたり頭痛がひどくなったりしたら、無理をせずにトレーニングを中断するようにしてくださいね。

ウイルス対策関連のグッズをご案内

こちらの商品を無地でご購入したい方はこちら「ウイルス除菌ボックスを無地で購入


こちらの商品を無地でご購入したい方はこちら「ウイルス除菌ポータブルを無地で購入


W500×H400×D3mmを無地でご購入したい方はこちら「W500×H400×D3mmを無地で購入

W665×H500×D3mmを無地でご購入したい方はこちら「W665×H500×D3mmを無地で購入