TOPIC

2020.6.07

布製のポーチの汚れにお困りの方へ!汚れにくいクリアポーチがおすすめ

布製のポーチの汚れにお困りの方へ!汚れにくいクリアポーチがおすすめ

布製のポーチの汚れにお困りの方へ!汚れにくいクリアポーチがおすすめ

せっかく買ったポーチがすぐ汚れてしまった、なんて経験ありませんか。
ポーチは普段持ち歩くものですから、汚れる確率も高いですよね。
この記事では、ポーチにつきやすい汚れと、そういった汚れを防ぐクリアポーチのご紹介をします。
ポーチを選ぶ前にぜひ参考にしてみてください。

ポーチにつきやすい汚れとは?

汚れがつきやすいポーチは主に布製のポーチです。
それでは一体、どんな汚れがつきやすいのでしょうか。

まず1つ目は、皮脂や汗の汚れです。
特に夏場はよく汗をかくため、もっている小物にもそのような汚れがつきやすいでしょう。
皮脂や汗の汚れは時間がたつとシミになる可能性があるため、もし汚れがついてしまったら速やかに洗濯することをおすすめします。

2つ目に紹介するのは、水溶性の汚れです。
醤油やコーヒー、血液などが水溶性の汚れに含まれます。
白地の色のものにこぼしたら大変ですよね。
水溶性の汚れは正しい処理をすれば最も簡単に落ちるため、帰宅したらすぐにシミ抜きをしましょう。

3つ目は、油性の汚れです。
油性の汚れも布製品につきやすく、水溶性より落ちにくいです。
ケチャップや口紅、カレールーといった油分を含むものが代表的ですね。
ちなみに牛乳のようなたんぱく質や脂質を含むものも、油性の汚れに入ります。

最後に紹介するのは、不溶性の汚れです。
イメージしやすいのは、泥と墨汁でしょうか。
この汚れは最も落ちにくく、すぐに処理しなければきれいに取れない可能性が高いです。

このように4種類の汚れを紹介しましたが、これらの汚れは入り混じって布製品につくことが多いです。
そのためどんな汚れでも、できるだけ早くシミ抜きや洗濯をして汚れを取り除きましょう。

なぜクリアポーチは汚れにくいの?

布製のポーチは使う度に汚れるものですから、汚れること自体を防ぐのはなかなか難しいです。
定期的に手洗いをして、きれいに保つ努力が必要でしょう。
また、ポーチにそんな手間をかけたくない方には、汚れにくいクリアポーチをおすすめします。

クリアポーチにはPVC素材(ポリ塩化ビニル)と呼ばれるプラスチックが使われています。
そのため汚れがつきにくく、水にも強いのです。
汚れがついたらすぐにふき取るだけで清潔になり、きれい好きな方にはピッタリでしょう。

また、中身の見えるクリアポーチは、ものが整理整頓しやすいメリットもあり、カバンの中をすっきりと収納してくれます。

まとめ

今回はポーチにつく汚れについてまとめました。
当社では、さまざまな種類のポーチを取り揃えております。
また、自分でデザインするオリジナルポーチの作成も可能です。
何か気になる点ございましたら、お気軽にご連絡ください。